ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年04月29日

諏訪だけじゃないよ!御柱

みなさん、こんにちは。
ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?

信州のこの春最大の話題といえば、諏訪大社の
「御柱祭(おんばしらさい)」ではないかと思います。

「御柱祭」とは、山中から御柱として樅(もみ)の大木を16本
(上社本宮・前宮、下社秋宮・春宮各4本)切り出し、諏訪地方の
各地区の氏子の分担で4箇所の各宮まで曳行し社殿の四方に建てて
神木とする勇壮な大祭をいいます。

ニュースでご覧になったかたも多いかもしれませんが
もの凄い傾斜を一気に駆け下る「木落し」は本当に勇壮ですね。
ゴールデンウィーク中の5月3日(火)から5日(木)にかけては、
上社の御柱祭の「里曳き」が行われ諏訪の街は御柱一色となります。

実は、長野県内各地でも「御柱祭」が行われているのをご存じですか?
お祭りの規模は大小ありますが、古くから諏訪大社同様7年に1度の
周期で行われております。今年はその当たり年で、県内各地で
賑やかなお祭りが繰り広げられています。


特に、5月3日(火)に開催される小川村の小川神社の御柱大祭は、
諏訪大社との規模の違いはあっても、ほぼ同じ方式で行われ、
「里曳き」では音頭とり、長持ち行列、騎馬行列などが練り歩き
長野県北信エリア随一の賑やかさを誇ります。

小川村御柱祭

なんと宝暦年代以来、280年の歴史を誇るそうです。

白馬ハイランドホテルからは、車で約20分と近い距離に
ありますので是非とも、白馬へお越しの際は雄大な大祭を
ご覧いただければと思います。

なお、当日は県道長野大町線が11:00〜16:00まで通行止めとなります。

小川村御柱祭

迂回路はありますが、いずれも険しい山道となっていますので
長野方面から白馬へお越しになられる場合は、上信越道長野ICから
ではなく、長野道安曇野ICから「北アルプスパノラマロード」を使って
来られることをオススメします。

【安曇野インターチェンジからのルートマップ】

大きな画面で見る https://goo.gl/maps/qmHcV58jmq22




まささん