ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年08月13日

白馬岳登山案内【1】

今年も山に登れないのでは?
何度かのチャンスを逃していたのをずっと気にしていたこともあったのですが、お盆前に一日オフみにした日
・前日の天気予報で、台風が過ぎて本州が高気圧に覆われる予想天気図だったこと
・facebookで私の先輩が伊吹山の花畑の写真をアップしていたこと
・今年も一度は稜線まで行きたいと思っていた
一番は予想天気図が◎だったことですね。
早起きして行けるところまで行ってみよう。

ちょっと寝坊したとはいえ、まだ暗いうちに起き、車で猿倉を目指しました。
お盆のころになると夜のうちに猿倉の駐車場に入って仮眠している方がいるので、時間にかかわらず満車になっていることがあります。
それでも何とかなるだろう、いや、ここで入れないと私の場合はこの計画がダメになる。。。

5時過ぎには駐車場に係りの方が複数いまして、誘導してくれました。
車を止めて荷物を出して靴を履き替えて・・・!!
ふと白馬岳を見ると、ちょっと赤い

猿倉〜白馬大雪渓

思わず写真を撮ってしまいました。
5:18
猿倉駐車場からの白馬岳です。

猿倉〜白馬大雪渓

駐車場から猿倉荘に移動し、登山届を提出して準備体操。
まだ早い時間帯です。
5:30
それでも何人もの登山者が集まっています。
夏だなぁ。こんな真夏に歩くのって十年以上ぶりかも?
そんなことを思いながら歩き出します。

猿倉〜白馬大雪渓

最初はブナの林を進みますが、気づきました。
この時間帯だと・・・・・すずしい。
そうです。真夏の猿倉からというと、どうしても暑い印象があって、いつも歩き出してすぐに汗が出てくる印象を持っていましたが、早朝だとだいぶ涼しいんです。
白馬村で18℃くらいですから猿倉がもっと涼しいのは当たり前なのですが、これはうれしかった。

林の先ですぐに砂利の林道に出ますが、ここでいきなりちょっぴりハプニング
林道に出たところに一人いらっしゃって、登山道は登りますので左側に進むのですが、「大雪渓ってこっちですよねぇ」と右側、下っていく道を指さして聞かれました。
いえ、こっちですよ。
とお伝えしましたが、書いていなかったのでわからなかったということです。
確かに書いていませんが、ちょっとびっくりしました。

少し進んだ場所
猿倉〜白馬大雪渓

どうです、これだけちゃんと見えているんです。さすが朝!!
そして暑がりな私には本当にありがたかったこの涼しさ。
「快適な山歩き」
自然と足も進みます。
林道を進む中、5:50
ようやく日が出てきました。御殿場の少し手前のあたりです。

猿倉〜白馬大雪渓
続きを読む