ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年08月14日

白馬岳登山案内【2】

長くなってすみません。
昨日の記事で登山口の猿倉から小雪渓まで登ってきている続きです。 

大雪渓を登り切り、急登の葱平から小雪渓跡を横断してもまだ登りは続きます。
でも、そう、この大雪渓からの白馬岳への登山道は次々と見どころが出てきますので、そのポイントごとの楽しみを頭の中で想像して登るといいかもしれませんね。
葱平の登りは大変ですが、お花畑が待っていることを考えると少しは元気が出るわけです。

さて、さっそく楽しみはやってきます!

白馬岳お花畑

お花畑手前からこんなふうにミヤマトリカブトがたくさん!
いいですね。杓子槍もとんがりが増しました。
手前のオニシモツケがもっと花盛りだったらよかったですね。

白馬岳お花畑


高山の雰囲気満点。
標高も2500mに迫っています。
水場です・・・・

白馬岳お花畑

確か以前は手前に「水場」と書かれていたと記憶していましたが、今は書かれていないんですかね??
もしかしてこの水場は飲めなくなったとか??
そんな話聞いていないし、現にこうして水が飲めそうにしてあるし!?
まぁいいやと飲んでみました。
(今のところ体調に変化は起きていませんので、多分大丈夫かと)
お花畑の手前、この水場に来ると、見上げればホラ

白馬岳お花畑

稜線に村営の頂上宿舎が見えてきます。
その手前がお花畑です。
なるほど?お花畑を楽しんで、よっこいしょと一登りで稜線ですよ。
水場で10:09
水場を過ぎるともうお花畑に入っていきます。
登山道脇にこの岩

白馬岳お花畑

お花畑と書いてあるのわかりますか??
文字が薄れたのか、気づかずに進んでいく方が多かったように思います。
時刻は10:15

しばしの花を楽しみましょう。
どこまで歩けるのでしょうか。
続きを読む