ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年08月15日

白馬岳登山案内【3】

登山口猿倉〜小雪渓まで:白馬岳登山案内【1】
小雪渓先〜白馬岳山頂まで:白馬岳登山案内【2】

最後は下りコースです。

泊まれるならやっぱり泊まっていきたいと思った白馬岳
山小屋での夜のひと時、夕方から夜へのあのノンストップで景色が変わる時間帯
はるか眼下に見える夜の灯と空に瞬く星空、流れ星
夕食によくわからないものが出てきても、食べたらやたらとおいしく感じたり。
初めて会う登山者の方との山の話、普段寝たこともないような早い時間に就寝。
疲れからか標高からか、酔いがまわりやすい冷たい生ビール

そう、山の上での時間そのものが非日常体験です。

どこかで時間を作ってまた来るよという気持ちで下山開始。
13:15

歩き出すも、降りるのがもったいないという気持ちも出てくるものです。
登ってくる際には息が切れるのでカメラを出して止まりましたが、下りではもったいない気持ちで止まってみたり。

それでも景色の大きさを感じながら来てよかったと思いながら下りました。

白馬岳下山コース

写真中央の稜線に杓子方面に進む登山者が見えますか?
そのルートも近いうちに歩くぞーと。


夏休みの登山シーズンということもあり、登ってくる方が思ったよりも多かったです。
そのため、いきなりすれ違いに時間がとられたり。
頂上宿舎に降りてきたので13:30

白馬岳下山コース

また、ほぼすべて終わっていると思っていた高山植物が一株だけ残っていました。
続きを読む