ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年10月10日

広大な秋の尾瀬ヶ原へ

夏が来れば思い出す・・・。
群馬、新潟、福島の県境に位置し、誰しも一度は憧れを抱くような場所

たまちゃんもその一人でした。

ミズバショウやニッコウキスゲと尾瀬ヶ原の広々とした空と緑の景色はまさに画になるよう。
一度行ってみたい。歩いてみたい。
想いはいつか憧れになっていたようです。


たま「とみしんさん、今度尾瀬に行ってくるの」

とみ「本当??いいな、たまちゃん。(原と沼)どっち歩くの??」

たま「尾瀬歩いて山に登ってこようかと思って」

とみ「なるほど、至仏??」

たま「燧ケ岳」

とみ「えっ?本当に??すごいな、どこ泊まり??」

たま「まだ地図見ていないからこれから計画立てるけど・・・」



という会話があったことはどうでもいいのかもしれませんが、天気のいい日を見計らって出かけました。
当初の計画では一泊する予定でしたが、予報では翌日雨
だったら一日で歩いてみよう。
そう思って車を走らせました。

沼田から戸倉経由で鳩待峠を目指します。
こんなに遠いんだ。
到着時に感じたたまちゃんの第一声。

ロマンチック街道と呼ばれている国道を走ってきたことさえ気づかないほど。
(でもいつかこの国道沿いにあった吹割の滝や金精峠、日光白根山なんかも観光してみたいと思っているみたいですよ。)

憧れの尾瀬

標高1500mを超える鳩待峠への到着で、時計は正午を指していました。
日帰りである以上、帰りの最終バスの時間も決まっています。
軽くストレッチを済ませ??

憧れの尾瀬

よし、ここからスタートです。
登山者カウンターをすぎ、あらら、尾瀬には下っていくんですね。

鳩待峠までバスで登ってきました(マイカー規制のため、途中で路線バスかタクシーに乗り換えになります。上高地と似ています)
峠ですから、ここから尾瀬ヶ原の入口である、山の鼻まではひたすらの下りです。

一本道ですし、整備はされていますが、秋は落ち葉の季節です。濡れていたりしたら木道に落ち葉が乗っているところは滑りやすいので注意が必要。
下って下って、左手の下にあった沢が近くなり、その沢に架かる橋を超えると、尾瀬ヶ原と至仏山の境目にある、山の鼻地区へと到着します。

憧れの尾瀬
続きを読む
23:43 | Comment(0)