ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年07月04日

天狗原からもう少しだけ登って・・・

天狗原でしばし考えました。
この先、行けたら白馬大池まで行きたいなと思っていました。
とはいえ、ここから先は長い雪面を登らねばなりません。
もちろん帰りは下り

雪は例年通りくらいは残っていました。
人が歩いている様子も天狗原から眺められました。

栂池からこの天狗原まで登るまでに案外ばてていまして・・・・
先週の唐松岳は調子が良かったのになぁと思いながら、考えていたのです。

でも、時間を決めていけるところまで行ってみよう。



栂池から歩き出して9:50
天狗原に到着したのが11:00

そして、11:20
思い立ちまして、登山道を進むことにしました。
13:00頃には帰路につこう・・・と決めて。

白馬大池へ

雪の上に立つと、冷たい風を感じます。
心地よい、本当に心地よい風
それとともに体が軽くなりました。

そこで気づきます。
先週の唐松岳と、この日の大きな違いは、自分の体調よりも、気温だ!!
蒸すように暑かったのです。山の上でさえも。


雪の上にはブヨがやたらと飛んでいて、これ虫よけスプレー効かないですからね、虫よけネットでも持ってきたほうが良かったかなと思いながら、でも涼しさが心地よく、ゆっくりと登りました。

白馬大池へ

目の前には大きく広がる雪面
中央左側に上から下山してくる二人登山者が写っています。
夏は岩場の登りになりますが、夏でも雪の箇所が残るところです。
登山ガイドでもここの雪渓のことに大きく触れていないことが多く、歩いてきたというお客様との話の中で、ここが怖かったとよく聞く場所でもあります。
続きを読む
23:59 | Comment(0)