ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年07月10日

花を探して千畳敷カールへ

今年は花がいい!!
車山高原のニッコウキスゲが見ごろを迎えてきていますが、ニッコウキスゲは数も多くて当たり年だという話を耳にするようになりました。
一昨日までは雨に降られた白馬でしたが、その雨もやみました。昨日お休みをいただいたこともあって、ぐうたらしているよりは、山に行こうかな。
それともホテルに来て花壇いじりでもしていようかな??
そう思いましたが、花を見に行きたい。

そこで自分の中で挙げた候補が車山高原でニッコウキスゲに出会う旅
または、千畳敷カールのコバイケイソウを見る旅
もう一つのサブとして、志賀高原の初夏のお花と出会う旅

この辺りで考えていました。

八方尾根や白馬大池方面を歩いて、今年はコバイケイソウの花も何年かぶりにたくさん花を咲かせそうです。そして、オオシラビソの木のてっぺんにも実がついています。たっくさん。

8日は大雨で一日運休していた中央アルプスロープウエイ
電話で状況を確認すると、9日は朝から動くと思うというお返事をいただいていましたし、それにしては朝の出発は大遅れになってしまったのですが(当日の朝までどこに行くかを迷っていたのが一番の原因。前日に自分の中で決めておけばよかったです・・・。)白馬を8時頃に出発して、駒ケ根を目指しました。

高速道路を使って白馬から2時間
駒ケ根インターから程近いバスターミナルに到着したのは10:20頃でした。

木曽駒ケ岳

バスは臨時便が運行していて、さほどの混雑もなく乗車、いざロープウエイを目指します。

標高2612m、ロープウエイの山頂駅に降り立ったのは11時を周ってからのことでした。
朝一番のライブカメラ(6時頃)ではきれいな青空も見えていましたが、さすがにお昼近い時間帯は気温の上昇とともに雲が湧き、山はすっぽりと雲の中

木曽駒ケ岳
続きを読む
23:45 | Comment(0)