ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年06月16日

ご当地グルメ安曇野リンゴナポリタン

今や全国にご当地フードがあるので、近所のことでさえ把握するのが難しいのですが、ふとしたことがきっかけで知った「安曇野林檎ナポリタン」
実は安曇野のとあるホテルのバイキングのチラシを見た際に、この「林檎ナポリタン」の文字が見えまして、これってもしかしてご当地グルメ??と思いまして、調べたのがきっかけです。

ただ・・・・あまり力の入れようを感じられない??なんて言い方は失礼ですが、
市のPRがきもーち少ないような??
きっとこれからなんでしょうね。

ナポリタンはブームにもなりましたし?リンゴは長野県を代表する果物ですし、いつか白馬ハイランドホテルのバイキングのメニューとしても考えられるかもしれませんし。ということでレストランのスタッフにチラシを渡したところ、早速食べに行ってきたんだそうです。

人が食べると自分も食べたくなるもの。
百聞は一見に如かず
ということで、私も行ってみました。

この安曇野林檎ナポリタンを提供しているお店はいくつかありますが、まず私のセレクトしたのはレストランアベです。

安曇野リンゴナポリタン

以前にこのお店でハンバーグをいただいたことがあって、いい印象でした。
昔ながらのお店です。

入り口に林檎ナポリタンののぼり旗が出ていました。

安曇野リンゴナポリタン
お昼時ということもあり、座れましたが私で満席になるほど。
週末ということもあって家族連れが多くいらしてました。地元ではなじみのレストランなんでしょう。

そしてこちらがレストランアベの安曇野林檎ナポリタン

安曇野リンゴナポリタン

何といっても料金がリーズナブルです。650円税込み。
メニューにもパスタの種類はそれなりに多いのですが、どれも価格帯が抑えられています。
ありがたいですね。

安曇野リンゴナポリタン

さらにカロリー表示付き。
ミニサラダもついています。

周りを卵でとじてあり、上にはリンゴのドライフルーツが乗っています。
そして、なんでしょう。
結構なボリューム。
私の体調だったのかもしれません。

実は、料金的にもリーズナブルですし、量はさほど多くないだろうからここで食べた後にもう一軒行っちゃおうと考えていたのですが、食べ終わるころには結構なおなかの膨れ具合。(え?もともと???)

肝心な私の感想なのですが、うーん、思っていたよりはなんていうのでしょう。
たまたまだったのかもしれませんが、少しパサパサしたようなパスタでして、次回は別のメニューがいいかなとも思ってしまいました。


それから一か月くらい経ったでしょうか。
再び安曇野に出ることがありまして、もう一か所行ってみたかったお店がありましたので、こっちのお店はどうだろうと立ち寄ってみました。

こちらも以前に何度か食べたことのあるお店。
お食事処「美里」さん。

安曇野リンゴナポリタン

なんでもあるレストランというイメージで、安曇野林檎ナポリタンはもちろん、各種パスタにカレー、丼物から定食にステーキ、さらにはラーメンにウナギなど、メニューを考えるのに悩みます。

美里では各テーブルの上にリンゴナポリタンのPOPが置かれていました。

安曇野リンゴナポリタン

こちらは900円です。
お昼の営業終了が近い時間でしたが、こちらのお店もそれなりの混雑ぶり。
みんな様々なものを食べているので楽しい。(でも一人でしたしあまりきょろきょろできませんが)

そしてこちらが美里の安曇野林檎ナポリタンです。

安曇野リンゴナポリタン

刻んだリンゴが乗っています。
その下にはチーズですかね。

期待は大きくありませんでしたが、食べてみていい意味で裏切られました。
おいしい!!

ちょっと甘めなのはリンゴのせい?でもシナモンの風味もしていてアツアツで香ばしい。
パサパサ感よりもケチャッピー?多すぎず少なすぎずでちょうどよかったです。
これなら知人にも勧められるかも??
こちらのお店はさほどボリュームは多くありません。
どこかのスパゲティのお店で「アルデンテって何ですか」という言葉が書いてあるのを見ましたが、私もナポリタンはしっかり茹でてある麺が好き♪


安曇野林檎ナポリタンを提供しているお店は他にもあるようです。
また機会があったら寄ってみようかな?
こちらが安曇野林檎ナポリタンのパンフレット

http://goo.gl/VunYqe (pdf)


これからの安曇野市のPRに期待したいところです。



我が白馬村の白馬ガレットは事前予約ばかりなので気軽に食べられないのが難しいところですね。
とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック