ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2013年01月30日

元ハイランドゲレンデで遊ぶ人たち

今朝、出勤する際にホテルに向かって歩いている4人組の人たちを追い越しました。
スノーシューをリュックに付けて、ボードやスキーをもって歩いています。

ははぁ、バックカントリースキーかな?

この冬は思いのほか、この元ハイランドスキー場のゲレンデを登っていく方の姿を見かけます。
もちろん登ったら滑って降りてきます。
ハイランドのリフトはもうありませんので、ハイクアップ(歩いて登る)以外の手段はありません。
それでも毎日のように誰かが積もったままの雪を滑るために登っているようです。


ホテルのチェックアウト時間が落ち着いた頃、なにやら外から「ヒュー」っという歓声のような声が聞こえてきました。
ゲレンデを見てみると、10人くらいが集まって雪山を作っています。
あ、もしかしてこれは山岳ガイドの雪洞を作る訓練?それともかまくら作りをやっているのかな?

もともとゲレンデだった斜面は、雪山での遭難救助訓練にいいのか、毎年のようにビーコンやゾンデを使った練習が行われています。時に雪洞を掘ったり、テント泊していたりするので、まぁ終わった後にホテルの温泉に入る方が多いのですけれどね。ちょうどいいようですね。

それから30分後
どうやら跳んでるみたい
という話を聞き、長靴はいて現場に見に行ってきました。
ハイランドゲレンデ跡地にて
私とほぼ同じタイミングでゲレンデを登っていたバックカントリースキーヤー
海外の方でした。


なるほどゲレンデにキッカー(ジャンプ台)が作られています。(写真右側)
ハイランドゲレンデ跡地にて
かまくらのように見えていたのはこのキッカーの山でした。


歩いて登って滑ってジャンプしています。
近づくと、言葉が違う・・・・。それも英語じゃない
何語かわからないまま笑顔であいさつしてみたりして、とりあえず英語で怪我のないようにとの注意だけ促しました。
ハイランドゲレンデ跡地にて

スキーヤー、ボーダー
跳んでいます


白馬の街に向かって飛び出しています。気持ちよさそう
もちろん一回跳んだらまた歩いて登って彼らのスタート地点に移動します

ハイランドゲレンデ跡地にて
30cmほど沈む雪でしたが、何度も歩いているのか、しっかりと道になっていました。




どこから来たのか聞いたところ、スエーデンからの方だそうで。
全員そんな様子でした。
ハイランドゲレンデ跡地にて
ここはアルプスが正面だし、雪の質もいいし、最高ということを言っていました。



画像悪いのですが、動画で撮ってみました




厳密に言うと、この場所は以前は白馬ハイランドスキー場だったばしょですが、今はホテルの持ち物ではありません。地主さんにお返しした場所です。節度をもって怪我のないように各自の責任で遊んでください。
ただ、ホテル近くの場所はホテルで借りている場所ですよ。



とみしん



この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/317093366
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック