ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2014年06月22日

第5回写真撮影会〜第2弾≪栂池自然園≫へ〜

こんにちは、スタッフのんです。

今日の記事は、昨日の続きで「写真家恩田先生と行く写真撮影会」に行った記事の第2弾です。
→昨日の記事はこちら

写真撮影会に出かけたのは昨日(6/21)、
メインの撮影場所は栂池自然園内でミズバショウの撮影。

丁度昨日からミズバショウ祭りが始まった日です。

毎年何度もミズバショウを撮影に訪れる恩田先生いわく、
今年は例年になく、ミズバショウが綺麗なんですって。

私は、ミズバショウが見られる場所は以前にも何カ所か行きましたが、
栂池自然園のミズバショウは素晴らしかったです。

ミズバショウだけを見るなら、もっと密集して見られる場所もありますが、
どこまでも続く広大な湿原に咲くミズバショウを見るなら栂池自然園は素晴らしい場所です。

しかも全てが一緒の景色ではなくて木道をちょっと歩いていくと、
また違う風景なのが不思議です。

と・・・、前置きが長くなりましたが是非行ってもらいたい場所です。

私たちが行った日は、雲が多くてゴンドラから北アルプスは見られませんでしたが、
時折、ゴンドラに入る外からの風が心地よく感じてくると、標高が上がっているんだと実感します。

ゴンドラから見た景色.jpg


ゴンドラを降りてロープウェイ乗り場まで歩く途中↓

ゴンドラからロープウェイへ.jpg

ロープウェイ乗り場まで歩く途中、ミズバショウが咲き終わると出てくる、
とても大きな葉に驚きながら進みます。↓

ミズバショウの葉.jpg

そして自然園へ・・・。
奥にミズバショウの白が見えます。↓

栂池自然園入り口.jpg

撮影会に参加されたお客様は思い思いに写真を撮りながら先へ進む方、
恩田先生と一緒に撮影されている方など・・・。

撮影する方.jpg

次の集合時間までの1時間ちょっとの時間、
私は、思い思いに写真を撮りながら行ける場所まで歩きました。

途中の景色↓

ミズバショウ湿原の様子.jpg

少し進むと、リュウキンカとミズバショウ↓

リュウキンカとミズバショウ.jpg

今年は咲くのか?コバイケイソウ↓

コバイケイソウ.jpg

ここでしか出会わなかった小ぶりなキヌガサソウ↓

キヌガサソウ.jpg

ワタスゲも出てきていましたが、あまり可愛い感じではない。↓

ワタスゲ.jpg

栂池自然園に来て思った事ですが、いつもミズバショウが見られる場所へ行くと
綺麗に咲いているミズバショウを探してそれだけをズームして撮る自分がいるのですが、
栂池自然園では、そんな風に思わないところが不思議です。

ミズバショウ湿原は、木道に一切の雪がなく安心して歩いていましたが
その先、突然に一面の雪景色に・・・。

大雪渓みたい.jpg

このままいつまで続くのかと不安になりながら雪原を歩くと、
ほんの数百メートル?一瞬で銀世界とはお別れ。
その後、ワタスゲ湿原辺りは元通りの木道の道になりました。

ワタスゲ湿原.jpg

ワタスゲ湿原のミズバショウ.jpg

楠川の手前で時間を考え、引き返しました。
その後、自然園入口でお昼休憩を取る事になっているのですが、
今日はミズバショウ祭り初日、振る舞いがあったんです。

そのおまけの模様はまた明日・・・。
のん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック