ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2015年01月25日

ふきのとう海苔トースト

ホテルの売店で販売している商品でもあり、バイキングでもメニューに登場している「ふきのとうのり」
一番オーソドックスにいただくのは、そのままご飯の上にのせて、ご飯と一緒にいただきます。

海苔の佃煮の甘みとふきのとうの苦味、わずかに入っているわさびの茎の舌触りが楽しめるご飯のお供なのですが、他にもアレンジをしていろいろなものに合わせることができます。

冷やっこに、納豆なんてのはみなさんやるんじゃないでしょうか。
ホテルでは焼き魚に乗せて一緒に焼いたものをバイキングでご用意したこともあります。

そして、どこかでスタッフのMIUさんが「うちなんてトーストにしてるよ」なんてのを聞いたことがあって、言われてみれば、かつて江戸むらさきトーストが流行したという話を聞いたことがあったもので、いつかはやってみたいと考えていました。

そして先日、売店でふきのとう海苔を購入し、従業員食堂へ。
よく冷凍庫の中にパンが入っているんです。
さっそく試してみました。

ふきのとう海苔トースト
焼いていない状態でふきのとう海苔をのせて焼くタイプと、もう一つ、パンを焼いてからふきのとう海苔を塗ってみる食べ方から。
こちらがパンに塗ってから焼いたふきのとう海苔トースト
ふきのとう海苔トースト
うん。。。。

こちらはパンを先に焼いてから塗ってみました。
ちょっと塗りすぎ??
ふきのとう海苔トースト
ただ、これはですね、個人の好みもあるかもしれませんが、私はパンを焼いてから塗ったほうがおいしく感じました。
塗ってからパンを焼くと、なんでしょう、ふきのとうの苦味が強い感じがしますよ。
まぁ苦味が嫌なら江戸むらさきでやればいいのでしょうけれど、そこまで強い苦味ではありませんし、でも焼いてから塗るほうがおいしいかな。

っと、これで終わるのはもったいない。
少しアレンジしてみようと思い、バターを探しましたが見つからず。
その代わりに見つかったのがマヨネースでした。
・・・これ、行ってみよう!
こちらも最初と同じように、パンを焼く前にマヨネーズとふきのとう海苔を塗ってから焼くパターンと、焼いたパンの上にマヨネーズとふきのとう海苔を塗るパターンとやってみました。
ふきのとう海苔トースト
こちらは焼いてから塗ってみたパターン
!!うん、合うかも!!
やはり塗ってから焼くほうが若干ですが苦味を感じますが、マヨネーズと混ぜるほうが食べやすい感じでした。
ふきのとう海苔トースト

本当ならもっといろいろ試そうと思っていまして、味噌と混ぜてみたらどうだろうとか、チーズを乗せて焼いたらどうだろうとか考えていたのですが、おなかいっぱいになってしまいまして、またの機会にやってみようとは思っていたのですが、食堂においておいたふきのとう海苔は2日後には全部食べ終わってしまっていたようでした。。。あらら。


ということで、第二段があるかは未定ですが、アレンジいろいろふきのとう海苔
メーカーさんにチューブにできないか聞いてみています。



とみしん
この記事へのコメント
スキーして汗かくと、飯は美味いし酒も旨い ♪
1キロ太って帰ってきました (^^ゞ
な〜んだ、一日早く知ったなら買って帰ったのに〜
まあ、二か月も待てばイヤってほど、フキノトウ食べれるけどね
スキーシーズン真っ只中に、もう春のことが気になるじぃで〜す
とみしんさんも、あまり食べすぎないようにネッ
Posted by 彩盗爺 at 2015年01月26日 09:36
オツカレサマでした。
お知らせするのがおそくなりましてすみません。
やってみました??

聞くところによると、大町市あたりでは一部でふきのとうが出始めたとか?
そんな季節ですよー。
食べる前には控えめにと思うのですが、食べ始めるとトメラレナイ
・・・気をつけます。はい
Posted by とみしん at 2015年02月28日 20:43
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック