ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2015年03月06日

啓蟄に動き出すもの

あまり使わない言葉で、漢字で書けといわれると書けないであろう「啓蟄」
最近は朝の天気予報などでこの言葉を言いますので、耳にする機会は昔に比べて増えました。

啓蟄=けいちつ
冬の間土の中で眠っていた小虫たちが、暖かくなってきたことを感じて、うごうごと動き出すころ。
二十四節季の言葉ですね。

今日の白馬村は朝から快晴でいいお天気でした。
啓蟄の白馬

寒さも和らいで、太陽の温かみを感じることができるような陽気。
何か動き出すかな?などと思って外に出てみると、雪の上で足跡発見!
啓蟄の白馬
とはいえ、これは今日ついた物ではなくて、多分もっと前です。
なぜかって、手前の雪をさわってみると、見た目以上に硬くなってきていまして、小動物が歩いてここまで足跡がつくような状態の雪ではありませんでした。

最初は犬かなと思いましたが、犬が歩きそうな場所ではありませんでしたので、キツネ?かな??

外に出ることが億劫に感じない陽気
そのまま昨日つぼみを膨らませていた福寿草の場所を見に行ってみると。。。。
啓蟄の白馬
パラボラアンテナ開いています!
動き出した虫も来るものかなと思って少し見ていましたが、来客なし。
花びらが開くと、花の中心が暖かくなるような構造になっているということで、そっと中央に指を近づけてみると・・・・果たしてどう感じることができるのか、どうぞみなさんもやってみて下さい。

積もった雪が太陽に照らされて少しずつ減っていきます。
啓蟄の白馬
ホテルの前にあった雪溜まりからも雪が水に変わって流れ出ているのが確認できました。暖かいんですねー。

ホテルの前のあまり手入れが行き届いていない?花壇スペース
啓蟄の白馬
いや、でも少しずつ多年草やら高山植物を植えてみているのですが、今年は小型の高山植物の花壇を一番手前に作ってみようとたくらんでいます。
コマクサ
チングルマ
エーデルワイス
小型のシュウメイギク
クロユリ
ハクサンイチゲ
リンドウ
シラネアオイ

あと何植えようかなぁ。雪が少なくなってくるとそんなことも考え出します。

・・・・そうだったんだ!

ようやく気がつきました。
啓蟄で動き出すのは虫たちだけじゃないんだって。
私もそうでした。
ぽかぽかの陽気に誘われて、少し外に出てみると季節が変わり始めていることに気がつきました。暖かな日は、虫だけじゃなくて、冬の間じっとしていた人も少し動きたくなるもんなんだと思いました。今日はありがたく感じる暖かさでした。

三寒四温
来週はまた雪の予報も出ていますが、今日のように春の陽気となる日も少しずつ増えてきます。

この暖かさは、私たちの気持ちにも届いているような気がしました。



とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック