ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2015年04月17日

青鬼地区・野平地区への道が通行止めに〜追記〜

こんにちは、スタッフのんです。

今日の記事は、これから白馬の景色を楽しみにされている皆さまには更に悲しい記事かもしれません。

つい先日、ブログに載せた青鬼・野平地区への『通行止め』の記事についての追記です。

これから私を含め、野平の桜を楽しみにされていらっしゃる方も多いと思いますので、白馬村役場へ実際にいつから通行止めになるのかを確認をしてみました。

すると・・・、残念ながら野平までの道路は大変危険な状態にあると言う事ですでに、一般の方の立ち入りを禁止しているとの事でした。
ですので5月と言わず、今も通行できないそうです。

そして、気になる通行止めの期間についてですが・・・、
なんと!これから2年間だそうです。

2年間の通行止めは青鬼地区への道路も一緒だそうです。

とても楽しみにされていた方にはちょっと長い事、見られない景色になりそうです。

寂しいですね・・・。

そうそう、先日のブログのコメントにありました、
『野平のライブカメラ』の向きに関して、白馬村観光局へ問い合わせをしました!

どうやら先に問い合わせをしていたお客さまがいらしたそうで、
(先日のブログをご覧になった方かなぁ?)
4月末までには少し左に向けてくださる様です。

これで、野平の1本桜もライブカメラを通じて見る事が出来そうです。

青鬼や野平に変わる白馬を象徴する景色を探さねば・・・。
のん


続いてとみしんさんがこのことで書きたいんだそうで。。。内容は同じですが続きです

先日、白馬村の野平へと足を伸ばしたのは3月のことでした。
道路のひび割れが気にはなりましたが、これは蕨平も同じこと。
それでも片側を通れるだけの道幅は確保してありました。
ただ、どこかでしっかりと工事をして、今までどおり何の心配もなく通れるように補修をしないといけないんだろうな。そんな風には思いました。
それはホテルの前の坂道、天神坂も同じことなんですけどね。

どうも天神坂に関しては、この6月から秋までの間に工事が行われるようです。
ただ、ホテルとしては、夏までには元の姿に戻ることを期待しています。

ただ、のんさんがブログで書きましたが、野平と青鬼への道については、そこに住んでいる方以外は通行止めという措置がとられることになってしまいました。
その道の狭さも関係してか、地元住民以外は通行止めということになったようです。

白馬村のホームページにも出ていますね。

どんな工事をするのか分かりませんが、正直なところ2年は長いなぁと。。。
今年は仕方がないにしても、来年の春のお客様の多くなる季節にはせめて仮復旧をするなども考えていただきたいところなのですが、そのあたりに関しては情報公開されていません。

白馬に住む人口9000人の中には農家の方も多いことでしょう。もちろん私たちのような観光を生業としているものもあるわけです。白馬が観光の村なのかどうか、どう考えていらっしゃるのか分かりませんが、とある地区の方からは観光客に入ってきてもらいたくないという声も出ていると聞いたことがあります。
その方に過去にどんなことがあったのかわかりませんが、白馬は民宿発祥の地と言われています。
白馬に移り住んで来たという方は村民の何割くらいいるのかわかりませんが、白馬に惹かれて、白馬が好きで来た人が多いんだと思います。私もその一人。
おんなじ気持ちで今、観光に来てくれている方がいるであろう中で、気持ちは一緒なのに。
白馬の季節のいろいろなところを見ていただきたい。雄大なアルプスを体で感じてもらいたい!
一年中賑わうところではないと思います。だからせめてその場所がいい季節には、そこに行っていただきたいなと。なんて思ってしまうんですよね。
今後どのように工事や復旧が進むのかはわかりませんが、早く元に戻って今までのようにたくさんの人に野平にも青鬼にも行ってもらいたいなと思います。

それと、大出吊橋の奥にある遊歩道も通行止めになっています。
吊橋の先、喫茶カミニートまでは行けますが、その奥へと続く道は道の崩落があるそうで、通行止めがこちらもしばらく続くそうです。
以前の地震はすっかりと収まったようにも思いますが、各所に爪あとを残していったのですね。

現場のことを何も知らずに勝手に書かせていただきましたが、生活道路として使っている方が一番に優先されることでしょうし、安全であることが何より重要なことです。一日も早く以前のような平和で静かな場所に戻りますように願うばかりです。。。。


とみしん
この記事へのコメント
青鬼地区には、あの坂道を電動アシスト自転車で登ったことがありますが、車が安全に通れるようにするためには、しっかり整備してもらうことを願いますが、2年通行止めは辛いですね。青鬼地区でサイダー販売をしているご長老と話をしたときに、あの車道がなかった時代は、地区の子供たちは山道を通って麓の小学校に通っていたとお聞きしましたが、今はその道は存在しないのか、未整備で観光客に案内できないのか、ちょっと気になりました。
Posted by さとけん at 2015年04月18日 00:36
野平のライブカメラ、早速対応してくれたようで
14:30以降の画像から桜の木が映るようになってます。
観光局の素早い対応に感心するとともに
問い合わせまでしていただきありがとうございました。

このカメラの画像はハイランドホテルの
ライブカメラとともに頻繁に見ており
白馬の移りゆく季節を身近に感じさせてくれます。

日々モノトーンの色合いの中に時折現れる
清冽な青と白の風景や 3月から4月にかけては
まるで彩度のツマミを回すように
真っ白な景色から次第に色が甦ってくる。
モニター越しの映像ではありますが
年間を通して見ているとこんなにも世界はカラフル
そんな事を思い出させてくれるようです

4月末からはほぼ毎日、出勤前に野平のライブカメラで
桜の開花状況チェック
と、同時に白馬行きの日程を決める訳ですが
ふと気付けばもうそんな時期

こんな私も観光客ですが
観光客というのは、とかくマナーが問題になります
好きで訪れる場所だからこそ多くものに出会える。
だからこそ、何も変えず、何も残さず
風のように立ち去りたいものです
そして、また訪れた時は空気のような存在でありたい
Posted by 湘南ライダー at 2015年04月18日 03:04
白馬ハイランドホテルのスタッフのみなさま!
いつも白馬周辺の素敵な情報を届けてくださり感謝しております。
また昨年の震災で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
私は神奈川の横浜に住むものです。
昨年野平の一本桜の存在を知り、一度はその桜を見てみたいと思い、その時は葉桜になってましたが、雄大な北アルプスを背に凛と立っている一本桜に感動を覚えた一人であります。
その時から白馬の美しさにすっかり憑りつかれてしまいました。
今年は是が非でも桜の咲いている時にまた見てみたいと思い計画をしていたのですが、昨年の地震で通行止めのようですね。
今なお非難してる方がいらっしゃるようですし、完全復興までには長い時間を要すると思いますが、復興した暁にはまた美しい野平の桜をを見に行きたいと思っております。
一日も早い復興を遠い横浜より祈っております。
Posted by 横浜の中年ライダー at 2015年04月18日 08:13
青鬼や野平の白馬を象徴する景色、見てみたかった。
他にオススメありますか?

仕事が変わって毎日クタクタです。
のんちゃんにぜひ癒してもらいたいです。
Posted by さくら at 2015年04月18日 21:59
↑ コメント怖いっ!!
Posted by レッドカード at 2015年05月08日 13:21
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック