ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年01月03日

新年を迎えたスキー場の様子

あろうことか、今年の年始は八方尾根が大変でした。
リフトが1月2日、3日と2日連続で運転中止になってしまいました。
原因は故障などではなく、「風」

例年であれば、多少の風の日でも下部のゲレンデは営業できることが多いので、「全部のリフトが運休」という状況は滅多に起こりません。
ただ、今年はゲレンデ下部が雪不足のため、風当たりの強い上へと上がらないと滑ることができないんです。

それでも終日運休にはならず、今日はお昼から営業ができた八方尾根スキー場
ちょうどそのお昼時に咲花ゲレンデを通りかかりましたので、ゲレンデの様子を一枚撮ってきました。

咲花の北尾根クワッド乗り場付近にて。

スキー場

朝から普通に営業ができていたらもっと賑わっていただろうにと思いながらも、なんだか寂しさ感じるお正月の咲花
いつもどおりの賑わいはいつになったら戻ってくることでしょう。


咲花がこれじゃ、他の低いところはどうだろう?

今夜たまたま五竜エスカルプラザに行くことがありましたので、大晦日から営業をしているという五竜のナイターも見てきました。

ゲレンデに出るなり

スキー場

あら!?
咲花ゲレンデのイメージを持っていたので、こんなに雪があると思っていませんでした。

なんだかいつもどおりのナイターゲレンデに見えます。

スキー場

今日の日中がかなり暖かかったので、一度緩んだ雪が固まってちょっと硬そうな音がしていましたが、気持ち良さそうに滑っていました。


これだけ見ていると雪が少ないように今回はあくまで山の下の写真です。
山の上ではそれなりにしっかりと雪もありますので、不自由少なく滑れそうです。
が!
今日のように風で運休する場所が出てくると、みなさん一気にリフトが動いているスキー場に移動しますので、お正月という時期もあったと思いますが、かなりの混雑があったようです。


お正月、なんだか今年もあっというま。これで三が日も終わり。
明日からまたリフト状況は変わると思います。
雪の具合はどんなものでしょう。

どこかでふきのとうが顔を出したと聞きました。
もうちょっと冬らしい冬になったらいいなぁ。。。



とみしん
この記事へのコメント
ふきのとうが顔を出してしまうくらい暖かくなったんですね。
今日も家の中より外にいる方が暖かかったくらいでした。

最近ずっと暖かく雪もあまり降らないので、テンション上がらずまだシーズンインしていない私達。
本当にもう少し冬らしくなってほしいです。
Posted by ゆるりん at 2016年01月04日 15:45
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック