ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年04月05日

さすがに早かった?四十九院

真田丸で盛り上がっている上田城の桜が見ごろを迎えているそうです。
とはいえ、まだ緑の少ない白馬村にいると、長野県内が花で彩られているという印象がありません。

でも、今日出勤の際に天神坂で思わず急ブレーキを踏んでしまいました。
坂道に植えられている「コブシ」が開花していたんです!!
ポツリポツリの花で、それも一本だけだったのですが、うららかな陽気の白馬。桜のつぼみも心なしか大きくなってきているように思いました。

姫川源流ではカタクリも咲いたという話も耳にしまして。。。。

まさかこんなに早い時期に咲くわけないけど・・・。
ホテル近くの四十九院に立ち寄ってみました。

例年の四十九院の見ごろは、この数年でみるとゴールデンウイークの頃です。

四十九院

昨年の写真です。4月28日ほぼ満開になっていました。

今日はまだ4月5日
四十九院のコブシの木はこんな具合です。

四十九院

まだ眠りから目覚めていませんね。
田んぼに水も入っていません。
枝ぶりは変わらず立派です。

四十九院

四十九院

芽はついていますが、開花まではまだすこしかかりそう。
ただ、脇にある開花の早い一本のコブシも少しだけ開花していました。
写真だとわかりづらいですが、こんな具合。

四十九院

四十九院では私の勝手な見解なのですが、この毎年早咲きのコブシが見ごろを迎える頃にメインの大木が開花します。
そして、その早咲きコブシの満開から7〜10日後にメインのコブシが満開になるような・・・・。
根拠はないのですが、昨年の四十九院の様子をみていると

昨年4月22日

四十九院

大木脇のコブシがほぼ見ごろになっています。
そして大木側の満開が28日

おおよそ一週間です。

ただ、まだ春が早いので、気温は安定しません。
寒い日もありますので、今年はそんなにうまくいくのでしょうか??


でも確実に花の季節が近づいていることを感じました。
四十九院のコブシの脇で発見しましたよ。

四十九院
ザゼンソウが一株だけですがひっそり花を付けていました。
また、その少し下流でピンク色のものが目に入りました。

四十九院

そう、春の花ですね、ショウジョウバカマです。

これから里はこうした春の花で賑わいます。
楽しみですね!!
姫川源流も時間がありましたら見に行ってみます!!!



とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436251138
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック