ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年04月10日

のどかな陽気に誘われ姫川源流へ

うららかな陽気に足取りも軽くなる季節。
今回はおなじみ、スタッフたまちゃんがこの暖かさに誘われて姫川源流へと行ってきました。

ちょうど土曜日からたまちゃんがスライド上映会を今年で何年目になるでしょう?
また今年も土曜の夜と水曜の夜というスケジュールで始まりまして、先日ののんさんのブログの記事で「姫川源流は早くも見ごろを迎えている」ということを読んで、行こう!と決めていたようです。

さのさかに車を停めて姫川源流へ
ちなみに、隣接する親海湿原はさすがにまだこの時期は早くて、出てきている植物は少ないんです。親海湿原はそうですね、今年はGW頃からがいいんじゃないかななんて勝手に思っていますが、さてどうでしょう。

姫川源流

姫川源流の入り口にはここで見られる花の写真が掲示してくれてありまして、花が好きな方にとってはこれは嬉しいもの。
今回たまちゃんはかたくり橋を渡って源流へと入りました。

姫川源流

姫川源流の毎年の福寿草の見ごろというと4月20日頃です。
今年は昨日の時点でわかりづらいかもしれませんが、黄色のジュウタンを見ることができます。

姫川源流

姫川源流

今の時期に白馬を訪れた方、時間が少し余るなぁ。自然のものを見たいなぁ。
そんな時にぴったりの場所ですよ!とたまちゃん。

春を知らせる色がこの姫川源流では、黄色なのです。

また、背は低いですが、眠りから覚めて、白い花を咲かせていたのがこちら

姫川源流

春のブログにはほぼ必ずと言っていいほど登場するのがこのキクザキイチゲ
きっと、花に出会うということが嬉しいんでしょうね。

秋に向かって背の高い植物が多くなる中、春は芽生えてすぐに花を咲かせるこうした植物に出会うことができます。
かわいらしいけれども、しっかりと自分を主張している春の花たち。
気がつけば花の時期を終えてしまうような、儚き存在なのかしら。

キクザキチゲは白馬村各所で出会うことのできる野草の一つ。
白いものもありますが、よく目にするのはこちらの色でしょう。

姫川源流

青というか、紫のキクザキイチゲ。
出会えた喜びは知らずに自分の表情に出ていたかもしれないと話していました。

また、ミズバショウもしっかりと咲きました。
うららかな春のひと時を姫川源流で過ごせました。

姫川源流

花のことを知らなくても、ちょっと気分のいい場所です。
森林浴というか、緑の中をお散歩するのにおすすめのスポットです。

大変清らかな水が流れ出ている場所です。



水が数箇所から湧き出ているそうですが、残念ながら水を汲んで飲むようにはなっていません。
ただ、水が湧き出ているであろう場所の近くにはこうしてワサビがたくさん葉を広げていました。

姫川源流

これからGW頃になると、源流あたりを一面のニリンソウが覆います。
これもステキな光景。
ぜひご自身の目で春を迎えた姫川源流をお楽しみ下さい。
ただ、残念にもタイミングが合わない方は、私毎週スライドで姫川源流の紹介はしていますので、その時にぜひ声をおかけくださいませ。



写真 たまちゃん
(文 とみしん)
この記事へのコメント
のどかな陽気に・・・って、雪降ってんじゃん!!
コブシやカタクリに大ダメージ与えそうですね
早くに発生したギフチョウも花が咲かなくて
給蜜も出来ず、大変な春ですね。
Posted by 彩盗爺 at 2016年04月11日 08:45
そう、すっごい雪でした!でもほんの少しだけ....お花達も三寒四温を味わっているのかなぁ.....(o^^o)
Posted by Tamacan at 2016年04月11日 23:07
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック