ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年06月02日

2016栂池自然園&パノラマウェイ運行開始A

入り口付近からしばらくの間は雪がないところを歩いてきました。
木道から見る景色、足元の小さな花の芽吹きもいいものです。空気がおいしい。そんな風にも感じてしまいます。

栂池自然園

水芭蕉湿原が終わり、隣のワタスゲ湿原に行くあたりの一部で雪が出てきました。

地図で言うと風穴と書かれているあたりになるのですが、この場所は毎年雪どけの遅い場所です。
雪があることもあって、ほんの少しですが風が冷たく感じられるかもしれません。

その雪どけが進む中で、この場所で毎年私たちを楽しませてくれる被写体がこちら。

栂池自然園

そう、キヌガサソウです。
もうこんなに大きくなってきていて、開花も近いでしょうか。
6月来週には花を咲かせ、今年も栂池を訪れた多くの方に写真を撮ってもらうことになるものだと思います。
また、風穴というポイントでは数メートルだけですが、道が雪の下になっていて、こうして雪の上を進む個所も出てきます。珍しいですが雪だけだとイメージがわきませんので、近くの方にお願いしてシャッターを押してもらいましたw

栂池自然園

運動靴であれば問題なく歩くことが可能です。


ワタスゲ湿原です。

栂池自然園

同じく雪は少ないというよりは見えません。
花もまだ咲いてはいませんでしたが、歩いていた木道のわきで見つけたこれ

栂池自然園

チングルマのつぼみです。
もうこんなに膨らんでいるので、そうですね、今度の週末には開花すると思います。
来週からはワタスゲ湿原ではチングルマの花がみられることでしょう。

栂池自然園

さらに進んで楠川の様子です。
トイレももう作られていて、本当に例年なら7月の栂池のようにも思えました。
このあたりも一部で雪の上を歩くところはありますが、わずかなものです。こうして進んでいき、浮島湿原を目指しました。

展望台から見る栂池自然園の入り口側。

栂池自然園

緑がまぶしく、雪を探すほうが大変でした。雪で覆われていたことが想像つきません。
ちなみに、こちらが今日の同じ展望台からの眺め動画です。

https://youtu.be/pLeGDe745yw

わかりますでしょうか。実はたまちゃんが栂池を歩いてきたのですが、今日は予報通り??雪になりました。
ちらつくくらいで積もるほどではありませんでしたが、まさかまさかの6月の雪を体験してきたようです。。。


展望台からさらに進めば園内最大の湿原、浮島湿原へと到着します。

栂池自然園

この湿原くらいまでのコースはとっても気持ちの良いものでした。

花と芽生えの季節です。
花の数も種類もまだまだすくないですが、確実にこれから増えていきます。

太陽の光を気持ちよさそうに浴びる花たち。
雪と緑、花と青空。とってもいい組み合わせです。

栂池自然園

昨日はここで戻ろうかと思ったのですが、その先に何人か歩いて行っていましたので、もう少しだけ進んでみました。
銀命水を目指しまして、その手前の個所が雪が比較的多く残っていたのですが
栂池自然園
それでも10mほどの区間でしょうか。滑らないように雪の上を進んで銀命水へとたどりつきます。

ベンチも雪から顔を出しています。
水場に降りてみて、ここでもシャッターを押してもらいました。
つめたい!!水が気持ちいい。
まさに雪どけ水でクールダウンできます。

栂池自然園

栂池自然園

私はこれで戻ったのですが、本日たまちゃんが栂池を「走って」きました。
本人曰く、風が強くて寒くて、走るくらいじゃないと体が温まらなかったんだとか??

雪が舞ったのは展望台付近でしたが、その先は青空が戻ったそうです。
銀命水から進んだ先のモウセン池

栂池自然園

雪から一転、青空が見えていました。
この先も一部で雪が残っている個所を乗り越えて進んでいくと、展望湿原へと到着します。

いい時期になりました。
そんな言葉を書きたくなるくらいな場所です。

栂池自然園

浮島湿原からだいぶ上りますが、その苦労をたたえてくれるだけの素敵な景色が待っていてくれます。
たまちゃんがここでもムービーを撮ってきていますので、どうぞ!!


https://youtu.be/F41SjHnvZ3E

ちなみに、栂池自然園の入り口で案内があるかもしれませんが、今のところヤセ尾根ルートは残雪のため通ることができなくなっています。
なので、浮島湿原からはモウセン池経由で展望湿原の往復というのが唯一のルートになっています。
展望湿原入り口のところにロープで立ち入り禁止が貼られていますし、浮島湿原のヤセ尾根側の分岐点にもロープが張られています。

栂池自然園


帰り道、ゴンドラからの写真。

栂池自然園

こんなの撮るのはたまちゃんに決まっていますねw
今年は屋上の看板を塗り替えたのですが、さすがにこの距離からは判別不能です。

そしてこちらも定番!?今年の一本目だそうです。

栂池自然園

このお酒はロープウエイを降りたところで売られている、雪中貯蔵のお酒です。
毎年買うんだそうで、熱処理をされていない生酒。
たまちゃん今夜は晩酌でしょうか??


それと、栂池自然園では一か所ルートが増えていました。
昨年からなのかもしれませんが、昨日初めて気づきました。
風穴の先にあるワタスゲ湿原に入ったすぐ横のベンチのところから、風穴を通らない側のカンバルートの木道に渡れるような道が作られていました。

栂池自然園
これはカンバルート側から見た写真で、奥に見えているのが風穴からワタスゲ湿原に出てきたところのベンチがあるところです。
これによって、往路では風穴からワタスゲ湿原を越えて歩き、帰り道は楠川を渡って階段を昇ったら左手のカンバルートを通って、この分岐からまた風穴前を通って水芭蕉湿原に戻ることができるようになりました。
次回はきっとこの道を通ろう!!
などと思った栂池でした。


総評として、一部で雪は残っていますが、本当に少ないものです。
そして長い冬から目覚めた栂池自然園でもしっかりと季節が訪れていまして、改めて「いいところだな」というのを実感しました。
今日歩いてきたたまちゃんにも感想を尋ねると、「やっぱりいいところだって思った」と、同じような感想を持ったようです。


これからの季節、白馬に来たなら行ってみましょう栂池自然園。
雲上の別天地できっと何か出会いがあることでしょう。


今回栂池自然園内を歩いている最中に、鳥のカッコウがずっと「八方、八方」と鳴いているもんですから、次は八方尾根に行きませんとね!

とみしん
この記事へのコメント
銀名水冷たくて旨い ! ! 
じぃの身体の中から悪いもんが抜け出るよねぇ〜
とみしんさんの嬉しそうな顔見ていたら
一週間も経っていないのに、行きたくなってしまった (^^ゞ

HAKUBAVALLEY共通自動改札システム?
何が利便性向上なのか、頭の悪いじぃにはよく分らん
シーズンパス13万って・・・
Posted by 彩盗爺 at 2016年06月03日 11:38
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438556845
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック