ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年07月03日

夏の栂池自然園で花三昧@

いよいよ白馬村で夏のイベント
白馬アルプス花三昧2016が始まりました。
夏休みの8月末までは、白馬の山も花の時期を迎えます。
8月末までは村内の主要スポット(白馬ハイランドホテル除くw)をイベントバスが走っています。
姫川源流・五竜、八方ゴンドラ・岩岳ユリ園・栂池

どこに行きましょうねぇ。

あれこれ考える中で、今年はまだ栂池の奥まで行っていないということで、ちょうど一か月ぶりに栂池を歩いてきました。出かけたのは朝一番ではありませんでしたが、やはりもっと早くに家を出て、せっかくだから白馬大池まで行って来ればよかった!
と思いながらでもありましたが、栂池は栂池で楽しかった。

のんびりゆっくり回った栂池自然園の様子をお知らせします。

もともと今年はオープンの日から雪はありませんでしたが、イメージとしてはより一層緑が増したように思います。赤い屋根と茶色の壁がいい味を出していますね。

栂池自然園

上空には少し雲が広がっていましたが、散策にはちょうどいい空気です。
半袖一枚、長ズボンにトレッキングシューズで歩いてきましたが、寒いことはありません。

水芭蕉が例年であれば見られる季節ですが、今年の水芭蕉は終わりました。
園内の主役はちょうど入れ替え時期を迎えてきていますが、少しずつ背の高い植物に代わってきています。

栂池自然園

ちなみに、所々で咲いていたコバイケイソウが見ごろから見ごろすぎくらいの様子です。

栂池自然園

ほどなくで見ごろの主役は交代になりそう。
それと、歩いていて思ったのが今年はクルマユリのつぼみがあちこちで見られまして、もしかしたら例年よりも花数が多くなるかも!?と責任のない発言をしてみました。

栂池自然園

クルマユリの開花はまだもう少しかかりそうです。

それと、例年今頃が見ごろといえるキヌガサソウも一部で見ごろの株がありましたが、おおよそが少し落ち着いてきた印象。

栂池自然園

花の白い部分がうっすら赤みを帯びてきますが、まだしばらくは見られます。
風穴の雪もだいぶ少なくなりました。

栂池自然園

今穴をのぞき込むとこうして穴の中に雪が残っているのが見えます。
あたり一面が涼しくなる場所なので、栂池の中でも好きなスポット
今年は秋まで雪が残るのはちと難しいかもしれません。


風穴周辺は栂池の中でも季節の進み方が遅いエリア。
かろうじて見られたのがこの花

栂池自然園

ミズバショウ
ミズバショウ目当てで行くというほど見られませんが、かろうじて・・・。

また、ワタスゲ湿原も少し花の様子が変わっていました。

栂池自然園

栂池自然園

文字通りのワタスゲが一部でこうして穂になっています。
ワタスゲ見ると「夏だなぁ」と思ってしまうのですが、みなさまいかがでしょう。
空がもっと青かったら完璧でしたが、ワタスゲが風に揺れる季節がやってきたわけです。

それと、ほどなく見ごろになってきそうなのがこの花です。

栂池自然園

そう、ニッコウキスゲ
今は9割以上がつぼみという印象
わずか数輪だけ開花していました。
イメージで書きますと、ニッコウキスゲの見ごろは7月末です。25日頃からという印象でしたが、今年はそれよりも2週間ちょっと早い見ごろを迎えそうです。

夏休み前まではそう大勢がいるということもありません。
自分のペースでのーんびり、足を進められます。

もちろん途中で花を見ながら。

栂池自然園

ベニバナイチゴ

栂池自然園

オオバタケシマラン

自然園に行くまでは、今日見る花をひさしぶりに全種類カメラに収めようかな。
なんて思っていた時間があったのですが、ロープウェイをおりて、近くに咲いていた小さな花を見ているうちに、いや、無理かな。そう思ったほどたくさんの花が咲いていましたっけ。


続きはまた明日にします。
とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439674039
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック