ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年09月03日

9月の五竜高山植物園へ

本当は遊びで行けたらいうことなしだったのですが、今日突然に五竜高山植物園に上がるという話になりまして、ちょろりと行ってきました。

夏の間足が遠のいていた五竜。
そういえば、このシーズンはまだ一度も登っていませんでした。

五竜をはじめ、白馬エリアでの花の最盛期は過ぎましたが、今は秋を告げる花が楽しむことができます。

高山植物園となっていますが、山のふもとのゲレンデのところにもせっせと花が植えられています。山麓エリアは高山植物も少しありますが、どちらかというとこんな花もあるんですよという、色とりどりの花が植えられています。

五竜高山植物園

五竜テレキャビンで山頂植物園へ。
今回革靴とワイシャツでの散策でしたが、五竜なら問題ありません。

五竜高山植物園

すっかりと落ち着いた印象の五竜
写真上では花の様子はわかりづらいですが、少し視線を落としていくと、ほら

五竜高山植物園

タカネマツムシソウがまだきれいに咲いていました。
なぜかコオニユリも複数咲いていたりして。

今回は五竜高山植物園の管理責任者の坪井さんに案内いただきました。
コースは今年、秋篠宮さまが植物園にご来園された際に歩かれた同じ道を歩きました。

五竜高山植物園

実をたくさんつけたシラタマノキ

五竜高山植物園

真っ赤に紅葉していたチングルマ
ただ、これは移植したんだそうで、そのショックもあって紅葉したのかもしれないと話していました。

また、坪井さんが過去に北海道に旅行した際にちぎってきて育てていたものを植物園に植えたという、ヒダカミセバヤ
これから花が咲いて赤くなるのもきれいですよね。

五竜高山植物園

探していれば見どころは目に入ってきます。

五竜高山植物園

五竜高山植物園

一瞬ハクサンフウロにも見えましたが、時期的に今は遅いですよね。
色も少し濃いピンクのアサマフウロもたくさん見られました。

最盛期とは一味ふた味違う植物園でした。
涼しいのは相変わらず。

五竜高山植物園

そして、何よりもこの、山の上に来ているということが心にもいい影響を及ぼすのだと勝手に思っています。
小さくぐるりと約30分ほどのコースでした。

植物園を少し案内していただいた後は、こちらへ!!

五竜高山植物園

そう、ホテルの玄関脇です。
今日は五竜の坪井さん(右の人)と、ホテルの玄関わきに作った「五竜高山植物園監修の」ミニ山野草花壇をどんなふうにするのかの打ち合わせだったのです。
もう少し先になるかもしれませんが、この秋にはここに五竜の花が入ります。

山野草の花壇、花は見られる時期が限られますが、白馬らしく?という想いで五竜さんに協力いただきます。
実際に植えてくださった暁にはまたお知らせいたします。



坪井さん、よろしくおねがいします
とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック