ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年09月09日

秋の空の下?お庭をぶらり

秋って感じた朝。
外に出て風を体で受けた際に、「秋っぽい」
そんな風に思いました。
風がからっとしていて涼しい。暑さがなかったというか、秋の空気だなと。


お昼から少しホテルの前のゲレンデ跡地に出てみました。
暑さを感じないくらいの陽気で、お散歩気分でふらり。

秋めいた庭

秋の七草、フジバカマも咲いています。
毎年数は多くありませんが、フジバカマの花に「アサギマダラ」という蝶がやってきます。
まもなくそんな時期になるのでしょうか。

ススキの穂も高くなり、カサカサと風に揺れています。

秋めいた庭

ずっと咲いているのですが、夏の暑さがひと段落する頃からより一層花が増える印象のあるツリフネソウもわんさか咲いていました。

秋めいた庭
毎年こぼれ種で増える、水の近くを好む花です。
ホウセンカの仲間ですね。

サラシナショウマも2mを軽く超え、花を咲かせています。

秋めいた庭

そうですね、秋の花は大型になるものも多いです。
甘い匂いで虫たちにも人気の花です。


秋めいた庭
杉の木の下ではテンニンソウも咲いていました。
白馬大雪渓遊歩道にたくさん咲いているイメージの花ですが、ホテルの前庭にも咲いているんですね。
小さな発見です。

そうそう、春にやってきたヤギさんたち。
お昼はお昼寝タイムですが、近くを歩いていたら足音に気が付いたのか、眠そうに出てきました。

秋めいた庭

角が少し大きくなりましたね。
ヤギさんたちは9月終わりまでホテルゲレンデで過ごす予定です。


シュウメイギクもいつの間にか咲いています。

秋めいた庭
白馬村ではあちこちでこのシュウメイギクを目にします。
大きな株になっているものもありますので、これからの季節に白馬に来るときっと一度は目にしますよ。

毒草も小さいながら花をつけてくれました。

秋めいた庭

トリカブトです。
観賞用に育てているものなのですが、この花は「倒れやすい」ようで、毎年大きく伸びて大きく倒れますww
支柱を立てようと思いつつも、実際に手が回っておりません。

秋めいてきている白馬村
コスモスの花も咲いてきています。
夏が終わって少し寂しい気分にもなりますが、紅葉と秋の味覚が待っていると思えば寂しさ半減!?
今日は五節句でいう重陽。また先日は二十四節気の白露でした。
秋めいてときめいて、八方尾根や栂池自然園の様子もそろそろ気になってきました。
どこかで時間を見つけて、天気のいい日に歩いてきてみたいです。



とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック