ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年09月11日

第6回白馬国際トレイルラン

年々人気も出ているのでしょうか、今年も開催された白馬国際トレイルラン、略してトレラン
コースを見ただけでもトレイルランを知らない私なんかにしてみると、え?こんなコース走れるの??と思ってしまうほどです。(長い、そして高低差がすごいんです)
コースも短いもの(短いといっても7kmくらいはあるそうです)から、最長51.4kmのロングコースまであり、さらに走るといっても道路ではなく、トレイルですから登山道だったりハイキングコースだったり、もちろん一部車道もあったりします。

コース自体は今までとほぼ同様なのですが、最長コースのロングコースがホテルの前を通るようになっています。


こちらがロングコースの平面図

白馬国際トレイルラン

八方や岩岳に登り、さらにはハイランドスキー場のトップまでの登り下りを繰り返すコースです。地図に赤い字で「36.6kmハイランド入り口」がわかりますでしょうか。

元スキー場の一部がルートになっているので、そのルート沿いにスタッフで給水所を臨時オープンです。

白馬国際トレイルラン

白馬国際トレイルラン

シフトではオフだった有志のスタッフによる給水ポイントです。
麦茶とホテルの畑でとれた小粒のジャガイモ煮を用意しました。
すでに36kmも走ってきているわけです。
早い方は10時過ぎにはここを通過していきました。


朝食バイキングが終わって休憩に入るスタッフも応援に駆け付けた様子。

白馬国際トレイルラン

やのっちの笛?の応援も加わってランナーたちに声と音で応援をおくりました。
また、声は出していませんでしたが、ゲレンデのヤギたちもランナーが珍しかったのか、走る人に視線を送っていたようにも感じられましたw

白馬国際トレイルラン

ランナーの中には目を引く格好をした方も。

白馬国際トレイルラン

こちらの方は12時前後に多くの方がハイランド前を通過していきました。

今年でたぶん3年目となるホテル前給水所。
確か昨年も一昨年もアルプスが顔を出してくれることがありませんでしたが、今日も雲の中。
走りやすかったかもしれませんが、せっかくここを通るなら、自慢の景色も楽しんでいただけたらなおよかったです。

白馬国際トレイルラン

何人くらいのランナーが通過したのでしょう。
途中で麦茶が足りなくなってしまったりと、ちょっとしたハプニングもありましたが、無事に?終了しました。


何年か後には100kmのコースも考えているとも噂を耳にしていますが、ロードバイクもそう、最近はよく見かけるようになりました。
自然の中、いろいろな楽しみ方をしていただきたいです。



ランナーのみなさま、関係者や応援されたみなさまもお疲れ様でした。




とみしん
この記事へのコメント
麦茶ごちそうさまでしたー!
あのちょっとした心遣いが選手にとっては最高に嬉しかったです(*^^*)
来年もロングに参加します♪
来年も宜しくお願いします(*^^*)
Posted by 長野のユチ君 at 2016年09月12日 19:13
おつかれさまでした。
年々参加者も増えているそうですね。
今回お手伝いさせていただいたスタッフらも、来年はもっと盛り上げようと話していました。
来年こそホテルからのアルプスの景色も楽しんでいただけるような空の下での開催になりますように。願っています。
Posted by とみしん at 2016年09月23日 19:08
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441845857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック