ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年09月13日

五竜小遠見山へひとっ走り!!

ひとっ走りするところでもないんですけどね。。
中にはトレイルランで登山道を走ってる方もいらっしゃいますが、基本は歩くコース。
今回仕事の中抜け時間を利用して、おなじみ?スタッフたまちゃんがちょっと走っちゃったそうです。
小遠見山。


いつものように?
と言いながら久しぶりに登ってきたそうです。

小遠見山

9月になったこともあり、花はあまり期待していなかったと話していましたが、まだ多少残っていました。

小遠見山

たまちゃんも大好きな!?この花
トリカブト

花自体はきれいなんですよね。
タカネマツムシソウもこうしてしっかりと咲いていたようです。

小遠見山

植物園内を運行しているリフトに乗車しました。
まずは地蔵ケルンへと向かいます。
普段だったらリフトに乗らず、歩いて登ってしまうところですが、たまには雰囲気を変えてみるのもいいじゃないですか。

小遠見山

のんびりリフトで園内を見ながら登ってみました。
楽ちん楽ちん

リフトを降りれば地蔵ケルンまではほんのひと登りです。
ものの5分も登って振り向くと、ほら

小遠見山

白馬村ははるか眼下
こんなに登ってきていますが、実際に歩いているのは5分ほどなんです。

正午近くに地蔵ケルンに到着しました。

小遠見山

あいにく雲が出ていたのでアルプスの眺望を楽しむことはできませんでしたが、暑くもなく歩くにはいい具合。

それでも時間を考えると、途中の見返り坂までが限度かな?
そんなことを考えながら小遠見山への道へと入っていきました

階段を登っていくと景色が開けます。
景色といっても登ってきたのと反対方向なので、振り向かねばなりません。
ということで、見返り坂

小遠見山

さっきいた地蔵ケルンが写真の中央の丘のような場所です。

小遠見山

一息ついていたらすぐ自分の上空にパラグライダーが飛んできて、それが近いこと!!
高いところ気持ちよさそうという自分の気持ちに火がついて、せっかくここまで来たんだから小遠見山まで行ってみようかしら?
そんな気分になりました。

すると、早いものです。
よしっと決めたらすぐ実行。
小走りに坂を上ります。

小遠見山

少し息が切れたあたりでナナカマドがいい具合に色づいていました。
真っ赤な実のナナカマドで、一部ですが葉っぱも赤くなってきています。
もう紅葉の季節がだいぶ近くなってきているんですね。

地蔵ケルンから約30分
小遠見山です。

小遠見山

やはり雲が近く、遠望は効きませんでしたが、休んでいるとふいに一部分の雲が消えて景色が見えました。
刻一刻と変わる景色でしたが、あわてて携帯電話を出してパチリ

小遠見山

今回はこれが限界だったようです。
よし、写真も撮ったし帰ろう!!
こちらも決めたらすぐ動く。
山頂からわずか20分、地蔵ケルン近くまで降りてきました。

小遠見山

ここは地蔵ケルン近くの周遊ルート。
夏は緑色の景色もわずかながら黄色が混じってきています。
秋の色です。

秋の色にこの花もが色を添えます。

アサマフウロ赤とウメバチソウ白
小遠見山

小遠見山

短い時間でしたが、たまちゃんは毎年一度はあるくコースです。
特にこれからの季節、紅葉の頃になると、この道はいいですよ。
今年の紅葉は9月末?10月上旬!?
これからの天気には要注目です。



写真 たまちゃん
文 とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック