ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年09月16日

黒姫ついでに苗名の滝へ

先日黒姫高原のコスモスを見た際に、最後にトウモロコシ食べちゃったんです。
夏から初秋に信濃町、黒姫に行ったら食べない手はありません。
というくらいトウモロコシが旬な場所。

トウモロコシおいしかったのですが、食べてそのまま帰るんじゃ運動不足でしょう?

ということで、最近はあまりこちら方面に来る機会も減りましたし、もう一か所よっていきましょう。
天気が良かったら妙高のいもり池で山を眺めていこうかなと思いましたが、雲行きも怪しかったので、久しぶりに?新潟の苗名滝へと行ってみることにしました。

黒姫から近いんです。
コスモス園を出て少し進んでいき、関川という川を渡って新潟県に入りますが、橋に差し掛かった際に橋の脇に看板を発見!!
←苗名滝
という看板があります。

あれ??

今まではなかったと言っても、前回来たのはかれこれ6-7年前ですから変わることもあるでしょう。

苗名滝

(9/16現在)Googleマップにも載っていない道です。
大型バスだってへっちゃらの道です。

地図に記すとこんな感じ。

苗名滝

見づらいかもしれません。
あっという間に苗名滝入り口の駐車場に到着しました。

以前よりも人も増えています。
立派な滝なんです。
アクセスが良くなったこともあって、人も増えたのでしょうね。

苗名滝

お店の方に聞いたところ、今年の春に開通した道なんだそう。

さて、駐車場から滝までの道は今まで通りです。
徒歩10-15分の道のり。
砂防ダムを見ながら吊り橋(あまり揺れません)を渡ります。

苗名滝

その先は土の道。緑に囲まれた中を進みます。
ゆるやかに登りますが、ハイキングというよりは、森林浴でしょうか。

苗名滝

苗名滝

新緑のように感じたみずみずしい緑色。
紅葉の頃はまたひときわいいんでしょうね。

苗名滝

少し歩いていくと、林が切れて滝が見えてきます。
あれが苗名滝。
川の右岸にいるということは、ここは長野県??
この川が県境になっているはずですが、特別県を意識するようなものは置かれていません。
ちがうのかな??

吊り橋の上からは滝のビューポイントです。
深い緑の中にどうどうと絶え間なく落ちる滝。

苗名滝

これでも充分な水量に思いましたが、雪どけの頃は水量もさらに多いです。

吊り橋を渡って(新潟県に?)滝に少し近づけます。

苗名滝

遊歩道はここで終点になっていて、東屋があり、腰を下ろせます。
ここからは河原の石を飛びながら滝に近づけますが、足元には十分注意しましょう。

苗名滝

苗名滝

滝を楽しんだら同じ道を引き返します。

そういえば、滝への遊歩道の駐車場側の入り口にソフトクリームの看板がたくさん立っていました。
ただ、私はトウモロコシを食べた後でしたので、ここではイワナの塩焼きでもないかなぁなどと思っていたのですが、時間的に焼き魚は終わってしまっていてソフトクリームをいただきました(決してソフトクリームを食べたくなかったわけではありませんよw)

苗名滝

北信で2番目においしいとかなんとか、そんなような文句が書かれていました。
370円

苗名滝

味を足せるようにトッピングもありまして、おすすめはどれですかと尋ねたところ、コーヒーがお好きならエスプレッソかコーヒーをどうぞと言われましたが、そのままでいただきました。

デザートになっちゃいましたね。
駐車場のお店も閉まる時間。人の数も少なくなってきましたので、これにて退散です。
帰り道、食べログで長野県内トップ3に入る?のか、今は戸隠近くに移転してしまったのですが、知る人ぞ知るそばの店、「ふじおか」の旧店舗によってみました。

苗名滝

・・・・あらら、お店を出てからそのままになっていたんですね。
お店を移転してからそれなりの月日がたったこともあって、お店の周りは木々が生い茂っています。廃屋となってひっそりと建っていました。


そういえば新しいふじおかのお店にはまだ行ったことがなかったなぁ
などと思いながら。
半日でしたが、黒姫への旅は終わり、白馬の山へと戻っていきました。



とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック