ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年10月17日

新行の新そば祭り2016

秋を迎え、新そばの季節がやってまいりました。
季節になると食べたいなとか、出てきた季節の物に対して、味よりも食べられることがうれしい物ってありますよね。
秋のもの、みなさまは何を食べると秋を感じるでしょうか。
キノコ、さんま、栗、リンゴ

長野県に住んでいますから、秋になったら一度は食べたい、いや、時々食べたいと思うものの一つが、この新そばです。
これから11月にかけては各所で新そばがふるまわれますので、この季節に長野にご旅行の際には一度はそばを食べてみてくださいね。

戸隠と肩を並べて有名な大町市新行のそば。
毎年10月10日から20日まで新そば祭りが開かれています。
新行には何軒かそばを出してくれる民宿があり、この時期はそこのおそばを楽しめます。
何年ぶりでしょう??

新行のヨコテ家さんを訪れました。

新行新そば祭りヨコテ家2016

かれこれ10年近く前に、一度食べさせていただきました。
その時に食べたそばの味に衝撃を受けまして、なんていうのでしょう、ソバの香りがとても強くて、初めてそばに感動したんです。

その期待もあっての再訪です。
並ぶかな??と不安な気持ちもありましたが、そのまますぐに案内してもらえました。

新そば祭り中は近所なのかご親族なのか、みなさん集まっての即席そば屋さんになっています。
温かいそばもありましたが、やはり冷たいのをいただきましょう。

大盛りにはせずに、普通ざるで注文しました。

新行新そば祭りヨコテ家2016

そうそう、この野沢菜もあの時食べておいしいと思ったんです。最初にお茶と一緒に出てきたお茶うけの野沢菜。
ただの野沢菜ではありません。
野沢菜をショウガで和えてあるんです。
ショウガ合えの野沢菜はここでしか食べたことありません。
おいしいですよ。売っているならお土産に買って帰りたいくらい。ただ、チューブのショウガを使っても家でもできるのかもしれませんね。

そばもさほど待つことなく運んできてくれました。

新行新そば祭りヨコテ家2016

細目に切られた手打ちそば、もちろん乱切りというか、所々に少しだけ太めの麺があったりして、そんなところが手打ちっぽくっていいですね。

初めに香りをかいでみましたが、そこまで強く感じませんでしたが、ツルツルツルツル
前回も口に入れた瞬間口の中に広がる香りに驚きましたので、今回はどうでしょう??

薬味は控えめにしてそばを口へ運びます!!

新行新そば祭りヨコテ家2016

うーん。
残念ながらあの日のあの香りの衝撃のようなものは感じられませんでした。
おいしいんですよ。しっかり冷やしてあって、麺の茹で加減もベスト。ほどよいコシが口の中で心地よい。
箸が止まらないとはこのことです。

あっという間に完食。
一緒に山で捕れたという「なめこ皿」
あまりレストランには無いようなメニューがうれしいです。

新行新そば祭りヨコテ家2016

大盛りにはしませんでした。
普通ざるで注文した新そば。お腹いっぱいです。
ご覧の通り

新行新そば祭りヨコテ家2016

え?
二人で出かけたのかって???

いえいえ、私一人で出かけたんですよ!
普通ざるでしたが、二枚いただきました。
あとは、お茶受けで出てきた野沢菜と白菜の浅漬けに、なめこ皿。


だって、今年の新そばの食べ始めですもの。
正直なところ、ちょっと多かったですが、おいしいと感じているうちに完食できましたし、新そばですし、良しとしましょう。
もちろん、私の今年の目標が「減量」ってことも、先日体重計に乗って言葉を失ったことも覚えているんですが、縁起物??

天気も抜群でしたし。
見てください。

新行新そば祭りヨコテ家2016

ヨコテ家さんの家の前に広がる景色がこれです。
電柱は無いほうがいいですが、ステキな景色が広がっているじゃありませんか。
気分よく食べちゃいますよね。


さて、次は小谷でどこかないかな〜??
栂池のふるさとというお店で新そばやっているので、行こうと思っていましたが、どうも説明に小谷産のそば粉をブレンドした手打ちそばと書いてありまして、小谷産のそば粉どうしをブレンドしたわけではなさそうですし、ちょっと悩みますが、シーチキンそばも食べたいなぁと。

ちょいっと先ですが、来月の6日に白馬乗鞍でお惣菜バイキング付きの白馬乗鞍栽培のそば粉の新そば祭りというのがありまして、それが気になります。

白馬、大町、小谷、安曇野
そば食べましょう?

白馬ハイランドホテルのある白馬村蕨平の新そば祭りは、今年は11月12日だそうなので、こちらもお忘れなくお願いします!



とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック