ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2016年10月30日

行きたかった古道、柄山峠を歩く【後編】

歩き出してからおおよそ二時間。到着した柄山峠
私がずっと会いたかったお地蔵様。
一度は来たいと思っていた、この柄山峠。

会うことができました。

秋の柄山峠

←白馬・鬼無里→

二体のお地蔵様。延命地蔵(風切地蔵)さまと大日如来さま
綺麗にされていて、大切に扱われていることを感じました。
国土地理院の地図で見るとこの峠の標高は1250m(1220mと書かれた標柱がありました)

予定はまったくありませんでしたが、ガイドさんとの話をしている中で、ここで風切地蔵の話をしてほしいということを言われまして、突然でしたがお話しさせていただきました。

秋の柄山峠

小蓮華山、そして白馬村の落倉地区にある風切地蔵、この柄山峠の風切地蔵
地図で見ると一直線に並んでいます。
その線というのが、偶然か必然か、とある日の日の出の方向を指しているんだそうです。
地図にしてみました。

柄山峠
https://drive.google.com/open?id=1Wl3m3WoN_yJs98xKJ8Lv7vzrp-8&usp=sharing

この直線の角度は、戸隠奥社随神門の参道の直線、さらに生島足島神社の本殿から伸びる参道の直線と同じ角度なんだそうで、いわゆる冬至の日の日の指す角度と一致するそうです。
冬至の日だけ起こる何か、というものは善光寺の仁王門にもありますね。
善光寺仁王門へは、今年の冬至の朝にその現象を見に行ってみようとも思っていますが、どうなるやら??興味のある方は調べてみてくださいね。

しどろもどろでしたが、そんなお話をさせていただきました。

お昼ごはん。
峠とはいえ、林の中なので眺望はそこまでよくありません。
ただ、峠から50mほど白馬側に移動したところに鉄塔があり、その下がお弁当適地。

秋の柄山峠

紅葉と、その奥に・・・、わかりますか??
白馬の山が見えるんです。

秋の柄山峠

うす曇りの天気でしたが、アルプスが見えてちょっとうれしい。
小蓮華山を探して、そこから180度後ろを向くと、その方向が冬至の日の出の方角というわけです。

折り重なる紅葉した木々
秋の柄山峠
晴れていたらまた印象も違ったことでしょう。
ほぼ見ごろの紅葉を楽しませていただきました。


さて、その休憩地から南側に見えている小高い山。

秋の柄山峠

こちらが柄山というそうです。
予定外だったと思いますが、参加者の方から「柄山の山頂まで登りたい」という声が出まして、ガイドの方がそれに応じてくれました。

ただ
・山頂までは道がありませんので、藪こぎします
・山頂には三角点がありますが、木々が高いので眺望はありません
・山頂までは峠から約20分の登り

ということでしたが、それでも何人か手を挙げて、せっかくですから私も一緒に登らせてもらいました。

先頭をガイドさんが行きます

秋の柄山峠

笹はそう高くありませんでしたので、歩きにくいことはありません。
前半は。

そして、前の方の後に続いて登っていくと、ありましたありました。

秋の柄山峠

何の葉かわかりますか??
柄山峠一帯を埋め尽くすほどあると言われている花です。
私も初めて白馬側から柄山峠手前まで登った際に見たのが、このイワウチワでした。
イワウチワを踏まずには登れないくらい咲いている箇所があり、花の頃に一度見てみたいなぁと、あらあら、変な思いを持ってしまいましたよ。


秋の柄山峠
前方が明るく開けてきます。
山頂?
いえいえ、この写真からもうひと登りありました。
低木の間をすり抜けるように笹薮を登っていくこと15分ほど

秋の柄山峠

こちらが柄山峠山頂です。
三等三角点がありました。

柄山峠

確かに眺望はありませんでしたが、木々の合間からわずかに鹿島槍が見えたりして、参加者の中から「木を切っては?」などの声も出ていましたが、ホテルの前の木のこともありましたが、木を切るのは容易ではありません。


復路は往路を逆にたどり、全員無事に鬼無里に降りてきました。
善光寺街道、昔の人はどんな気持ちでこの山を越えていったのでしょう。
普段は景色のいい稜線や山頂、花を求めて歩く機会のほうが多いですが、今回のような歴史の道を歩くのもいいものですね。
紅葉も楽しませていただきました。


今回歩いたお話は、鬼無里のHPにもアップされていました。

http://115.146.61.26/convention/news/2016/10/1022.html

鬼無里主催のこの柄山峠を歩く企画は、毎年春秋二度実施されているそうで、春の企画は毎年5月4日だそうです。イワウチワがいい頃なんだそうですよ。


長くなりましたが、ホテルでこの企画に参加する方を募り、一緒に歩いてみるのもいいかなぁなどと思いながらの一日でした。参加できてよかった!
水芭蕉や紅葉、鬼無里まではカーブの多い道ですが白馬のお隣です。
何か協力してできたらいいなと感じています。


とみしん
この記事へのコメント
じぃも行きたかったな〜 こういうしっとりとした山道大好きです♪
春のイワウチワ、駅前のお土産屋さんから情報は聞いていたのですが
場所がわからずじまいでした、来年春の企画作っちゃって下さい。
冬の八方バス来ないの絶対困ります!!
なんたって白馬村のシーズン券当たっちゃったので\(^o^)/♪
Posted by 彩盗爺 at 2016年10月31日 11:55
三角点があるのですねー。
ただ、柄山(カラヤマ)は埼玉から遠いので、何かきっかけがないと訪点しにくい。
ホテルハイキング企画実現したら行きたいなー。
Posted by とこところん0号 at 2016年10月31日 23:29
いやぁ、今回の柄山峠、良かったです。
季節を変えてもう一回というのにぜひぜひ参加したいと思っているのですが、いかんせんゴールデンウイークなのが・・・。
でも見てみたいです、イワウチワ。
見渡す限りというか、目の届く範囲に密生して葉が出ていて、あたりの時期に来たらいいだろうなぁと。
バリアングルのデジカメ必須ですねw
ホテルの企画ができるかわかりませんが、ガイドの方も説明が楽しく、良かったです。実現したいとちょっと本気で思っています。

ところで、彩盗爺さんそれはおめでとうございます!!当たっちゃいましたか!
今シーズンもバスに関しては、八方尾根さんからの風当たりが強いでしょうから、場合によってはホテルでもバスを運行しようと計画中です!!
Posted by とみしん at 2016年11月06日 17:04
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443258716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック