ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年02月12日

ながの銀嶺国体始まります

国体自体は先月から始まっているようなのですが、間もなく開始される国体のスキー競技会場となった白馬村。
具体的には白馬村の・・・

八方尾根スキー場
ジャンプ競技場
クロスカントリー競技場(スノーハープ)

を舞台として、県ごとの選手たちが白馬にやってきています。
行政に聞いたところ、この国体で白馬村に総勢2500人余りの関係者が来るんだそうで、そりゃまたえらいことです。


そして、会場の一つとなっている八方尾根スキー場。
大会が行われるということで、問い合わせのお電話を何件かいただいています。

ホテルから見ても八方尾根のコースの一部にセパレートロープが張られていて、滑走エリアが一部で規制されているのが見えました。

ただ、もともとのスキー場の規模が大きいので、コースの一部は規制されますが、どうでしょう??
実際に八方尾根スキー場で大会が行われるのは15日から17日です。
ジャイアントスラローム、関係者がGSと呼ぶ回転競技です。

滑走ができなくなるエリアを八方尾根スキー場の図に落としてみました。
測量しているわけでもなく、ただ手書きで書いたので実際と差が出るはずですがこんなイメージ

ながの銀嶺国体

地図の左側、リーゼンスラロームのコースを使うそうです。
スキー場上部から滑ってくるとう回路側へと入るようになり、大会コースを横断しながら下部へと下るようです。
そうなるとあーんまりこちら側に入らないほうがいいのかもしれませんね・・・。


一方で今回のコースは国体としてはかなりハードなコースになるという話を聞きました。
距離が長いんだそうです。旗門の数も多いんだそう。


強い県というのがあるそうで、その一つに長野県も名を連ねていますが、風の便りでは北海道が優勝候補とも聞きました。
ちょうど雪も降ってコンディションもいいようです。
どこの選手にも頑張っていただきたいですね。
もちろん滑りに来た私たちも、ゲレンデでしっかり楽しみましょう。


明日は東京まで日帰りしてきます
早起きでした!!
とみしん
この記事へのコメント
GSというかスーパーGS出来ちゃいそ〜!
ウスバでは斜面にガンガン水撒いてたね〜
スケート場が出来あがりそうですネ(^_^;
Posted by 彩盗爺 at 2017年02月13日 19:51
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック