ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年02月26日

まだまだ真っ白の栂池高原スキー場

この週末を利用して白馬を訪れていたのはおなじみ?彩盗爺さん。
なんとなんと、リフト券が当選したんだそうで、それは来ない理由はありません!?

でも栂池も滑れる券でしたっけ?

今夜は彩盗爺さんが滑ってきた栂池高原スキー場の写真をいただいたので今の栂池スキー場の様子をご紹介します。
この日、午前中は少しガス?もや??がかかっていた栂池でしたので、軽めに滑ってのランチから始めます。

栂池高原スキー場

ゴンドラ中間駅の横にあるレストハウスでしょうか。
ちゃんと右上に午後の分の栄養ドリンクもつけてと。
バスでいくとそれができるのが魅力の一つですねw

レストハウス前にある池

栂池高原スキー場

始めて栂池を訪れたときには、これが栂池だと言われてちょっと信じていましたが、降雪機にも使っているんでしょう。人工の池があります。
青空が広がってくると白と青の冬景色が現れました。

あらためて中間駅からゴンドラでスキー場の奥を目指したようです。

栂池高原スキー場

夏の写真と比べたらどれくらい雪が積もっているのかがわかるかなと思って、似たようなところから撮った夏の写真がないものか探してみましたが、探すとなかなかないもので。
斜面でも2m以上は積もっているんでしょうね。きっと。

栂池高原スキー場

ゴンドラからさらに奥へ上がった栂の森
ここからの景色、私好きです。
かかっていた雲も少しずつ晴れてきていたようです。

ただ、先週終わりに降った雨の影響があって、雪は一部でがりがりしていたところがあったそう。それでもスキー場の発表ではまだ380cmほどの積雪ということで、量はしっかりとあるわけです。

栂池高原スキー場

写真を見る限りでは固そうには見えないですね。
連なる山と下へと延びているコースを見ていると、雪のないところにいる方には違和感があるかもしれませんが、まだまだ白馬はこんな景色です。

栂池高原スキー場

ずっと下へと降りてきて、鐘の鳴る丘へ
ゲレンデが広すぎるのか、人が少ないのか?
ぶつかる心配もなさそうに感じる栂池です。

栂池高原スキー場

栂池高原スキー場

比較的なだらかで広い栂池。
八方尾根が比較的ハードというか、タフというか、しっかり滑るゲレンデという印象に対して、こちらの栂池は楽しく滑る、上達を感じられるようなスキー場です。


まもなく栂池ではロープウエイの春運行も開始されます。
今年はゴールデンウイークまでしっかり遊べそうな栂池高原。
マイカーでないとちょっとアクセスが大変ですが、それでも行く価値ありかなと思います。


彩盗爺さん、お疲れ様でした。


写真 彩盗爺さん
文 とみしん
この記事へのコメント
ごちそうさま〜 \(^o^)/

残念ながら白馬村オンリーシーズン券なんで、自腹で行ってきました (T_T)

ちゃんと(?)午前中も滑ってましたヨ〜
ランチの燃料補給も良いけど、やっぱり滑って
お風呂入った後のビールはウマカ〜♪♪

Posted by 彩盗爺 at 2017年02月27日 14:47
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447386270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック