ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年04月06日

新人研修で温泉講習会、ホテル源泉へ

3日の入社式後、連日スタッフの研修が続いています。
その研修の一環でホテルの源泉を見に行ってきました。

午前中に what's ONSEN のような話をし、お昼をはさんで午後からお出かけ。

温泉勉強会

車に乗って白馬姫川温泉の源泉へと向かいました。
現地には温泉の係のおじさん、ほそさんが出迎えてくれました。
姫川沿いに湧く温泉がホテルの源泉です。

温泉勉強会

普段ホテルのお風呂に入ってはいますが、湧きたての温泉に触れることはもちろん初めてです。
勢いもそうですし、味・・・。

温泉勉強会

温泉勉強会

塩化物泉なので、塩の結晶がパイプにできていたりします。
なめてみましたが、もちろんしょっぱい。

持って行った温度計で湯温を計測、確か48.8度くらいを指していたように思います。

温泉勉強会

ちなみに、今回はちょっと実験
持って行ったのはペットボトルを二本。

温泉勉強会

そのうち一本にはあらかじめ水道水を満たしておきます。
もう一本に温泉を入れました。
事前準備が不足のため、容量の違うボトルでしたが・・・。

そこに入れるのはこちら

温泉勉強会

うがい薬として有名?なイソジン
いわゆるヨウ素です。

本当は・・・、わずかに色がつくくらいの、小さじ半分から一杯程度で良かったのですが、ちょっと入れすぎてしまいました。キャップ一杯・・・。
どうなるかというと、こんな風に中身に差が出ます。

温泉勉強会

入れすぎたので、色の違いが分かりにくいかもしれませんが。
向かって左側の大きなペットボトルがが温泉水、右側、白いキャップのペットボトルが水道水です。
本当は温泉だと色がつかないで茶色いイソジンの液が消えるんですーとやりたかったのですが、すみません。
修行が足りませんでした。


この場所は今は温泉が出ている場所ですが、かれこれ15年ほど前までは日帰り温泉施設、白姫温泉として営業していた場所です。
今なお川に突き出た場所には昔あった浴槽の跡なんかが残っています。

一通り見学して記念写真?

温泉勉強会

毎分130Lの自噴泉ですが、それをどうやって計測しているか?
なども教えてもらいました。



いろいろ学んで来週から現場に入ります。
ご来館の際に見かけることがありましたら、ぜひ声をかけてあげてくださいませ。




とみしん
この記事へのコメント
白姫温泉というのがどこにあったのか知りませんけど、源泉が子豚育ててるところの隣りにあるのはわかりました。

こんな所に源泉があるとは。
Posted by くろふね at 2017年04月07日 12:55
そうなんです。
ここに昔、白姫温泉という日帰り温泉施設がありました。
源泉脇で営業していまして、私は一度だけ露天風呂に入れさせてもらったことがありますが、源泉そのままでだいぶ熱かったです・・
デジカメもネットもまだあまり普及しておらず、データがほとんどありません。
http://www.nexyzbb.ne.jp/~ynb1025/shirohim.htm
Posted by とみしん at 2017年05月14日 20:33
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448788906
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック