ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年04月27日

陽気に誘われ雪中露天風呂へ

あったかいなぁと心の底から声が出てきそうな日が出てきました。
春の陽気に誘われて、明日あたり、この辺で満開になりそうな桜もあるんじゃないでしょうか。

花見もいいけど、今回はおなじみ?スタッフたまちゃんが温泉へと行ってきました。
そこはたまちゃんの大のお気に入りで、年に何度か必ずと言っていいほど足を運ぶ場所。
その入口がこちら

小谷温泉紀行

小谷村の雨飾山へ行く途中にある小谷温泉です。
すっかり雪のないこの辺り。
トンネルの間にある信号を白馬方面から行くと右折して一本道を奥へ、奥へと登っていきます。
雨飾山、鎌池、小谷温泉への道です。

小谷温泉紀行

びっくりしたのが雪がまだたっぷりと残っていたことです。
小谷温泉付近から急に雪の景色が現れ・・・・

小谷温泉紀行

小谷温泉の駐車場で車を止めると周囲にはわずかながらまだ雪の壁が残っています。
鎌池方面の道はまだ雪で通行止め

昨年はゴールデンウイークからやっていたんだそうですが、今年はこの連休前からお風呂が営業していました。

小谷温泉紀行

木々はまだほとんど目覚めていません。
その分景色がいいんです。
雪の残る中とは言え、寒さは全くなかったそうです。
風もなかったのが幸いだったんでしょうね。

ただただ聞こえてくるのは雪がとけて流れるような音だけ

小谷温泉紀行

小谷温泉貸切状態だったようです。
(写真NGはわかっているのですが、雪の中のお風呂があまりにステキだったので一枚だけゴメンナサイ)

お風呂の周りにはちょっとおかしな?雪どけがありました。

小谷温泉紀行

ぽっかりと空いた穴
湯気でも出ているのでしょうか??

お風呂に滾々と注がれる源泉

小谷温泉紀行

普段は熱いお湯ですが、外気のせいかだいぶぬるめでたまちゃん好みだったようです。
出たり入ったり。
何度もそれを繰り返しているうちに、気がついたら二時間くらい経っていたんだとか。
夜のレストラン出勤があった日だったようですが、「もう行きたくなーい」と思えるくらいちょうどいい湯加減で、お湯を楽しめたんだそうです。

小谷温泉紀行

見上げれば太陽と空とこれから目覚める木々

最高にぜいたくーと感じたたまちゃんの温泉紀行。
今年はどこの温泉にいこうかしらん??
一方で、スキーの滑り納めもしておきたいし、温泉も楽しみたいし
やりたいことたくさん抱えたたまちゃん・・。

今年も雪どけとともに、野に山に、お風呂へ・・・あちこちへと出かけていきそうです。



写真 今年も元気なたまちゃん
文 とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449396849
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック