ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年05月19日

鬼無里・奥裾花のミズバショウ【後編】

・・・なんでしょう、実は昨晩ブログを書いていて、睡魔に襲われていまして、自分で何を書いているのかわかりませんでした。それもですねー、一時間くらいそんな状況が続きまして・・・。
前日はお休みをいただいて、すっかりリフレッシュしたつもりでいたのですが、やですねーw

なんて。


さてさて、雪が消えつつある鬼無里の奥裾花自然園。
みなさん覚えておきましょう。例年だとこの5月の中旬が見ごろなんです。いい時期なんです。
が、今年は例年よりも少し雪が多め。

奥裾花自然園にはいくつかの湿原や池があり、そこを遊歩道がつないでいます。
ミズバショウの時期の見学コースは・・・

1メインとなるミズバショウの群生地、今池湿原
2その近くにある、もう一つのミズバショウ群生地、こうみ平湿原
3もっと楽しみたいという方は、少し奥に入ったところにある吉池

この3か所をぐるっと歩いてくることが多いんです。
でも、私なんかは欲張りなので、今池湿原のすぐわきにある、ひょうたん池も通ろうかなと思ってしまうんです。
花がたくさん咲いているというよりは、ひっそりと脇にある池。

鬼無里奥裾花自然園

ミズバショウの今池湿原からはこんな感じで眼下に見下ろせます。(間もなく緑が出てくると見通し悪くなります)
この、ひょうたん池は近くに行くよりもこうして眺めるほうが私は好き。
そして、この日はたまたまか、毎年こうなのかわかりませんが、雪どけか前日の雨で水位が上がっていて、池の脇の遊歩道は水没していました・・・・。

鬼無里奥裾花自然園

ひょうたん型の反対の丸い部分に至っては、こんな風に雪どけの水面に木々があって、上高地の大正池風!??

今池湿原をぐるりと歩きます。
この日(5/14)は遊歩道の一部に雪が残っていました。

ミズバショウは咲いているところもありましたが、全体で見るとまだ早いと感じたというのが私の感想。
だからこの週末か、週明けでもいいかな??というほど今年は雪が多かったのかなという印象を持ちました。

奥裾花自然園は標高は1230mほど
白馬も山麓は例年通りの雪の量だったかもしれませんが、山の上の方、雪形を見ていて思いますが、例年よりも形が出てくるのが遅いと感じています。

鬼無里奥裾花自然園

ミズバショウの花が少ないのか、それともこれから咲くのか??
ミズバショウは花が先に咲いて、それから緑が上がって来る印象がありますが、どうなんでしょう。
写真の左奥ではたくさんのミズバショウが咲いていましたが、このS字の流れができている、ちょっと尾瀬風な場所は寂しく感じました。

鬼無里奥裾花自然園

今池湿原は途中で湿原の中に木道が敷かれているので、そこだとすぐ近くでこうしてミズバショウを見られます。


この湿原を一周まわっておおよそ30分ほど。
お隣にあるこうみ平湿原へ向かおうとすると・・・

鬼無里奥裾花自然園

今池から先はまだまだ雪が残っていました。
ブナの緑、一方でまだ足元は雪

すがすがしく感じる空気感でしたが、歩く際には注意が必要でした。
ずーっと雪。

鬼無里奥裾花自然園

また、奥にある吉池まで行ってみようかなと思っていたのですが、雪の途中でこのようなロープが張られています。
場所はわかるからくぐって行っちゃえ!!という気持ちが少しありましたが、いえいえ、自分がロープを張った立場だとしたら嫌ですものね。今年は雪がそれだけ多いということなんだなと思いながら、こうみ平湿原へと曲がっていきました。

湿原の周りは全て雪の上を歩く感じで、ミズバショウも咲いてはいたのですが・・・・

鬼無里奥裾花自然園

こんな風にとーくで咲いていまして、ちょっと寂しかったです。
今池よりも密集したミズバショウが近くで見られるという印象を持っていましたので。

全体的にまだまだ雪に覆われていたこの日。
日曜日で多くのハイカーたちがこの場所を訪れていましたが、雪の多さに驚いていたのはきっと私だけではないはずです。

鬼無里奥裾花自然園

どうでしょう。この雪が一週間できれいに消えるとは思えませんが、この週末から来週にかけてはいいのかもしれませんね。

鬼無里奥裾花自然園

自然園を後にして、駐車場までは舗装されたルートを歩いてみました。
案内では20分と書かれていますが、実際は15分くらいで歩ける距離だと思います。
ただ、道沿いに花がたくさん咲いているとか、何か特別な見どころがあるというわけではありません。

それでも歩いたからこそ出会える景色。

鬼無里奥裾花自然園

写真に写っている中央左側にある桜のあたりまで下っていくと、桜と新緑、あと少し残雪を入れてこんな具合

鬼無里の奥裾花自然園

メインはミズバショウでしたが、新緑やら桜やら楽しめた鬼無里でした。
歩き終わった締めはこれでしょう!!

キビ団子

鬼無里の奥裾花自然園

花より団子??
一緒にいただくお茶も美味しいこと!!

行ったことが無いという方は、オススメしたい鬼無里の奥裾花園です。
携帯電話も圏外(docomo)になってしまうような山の奥ですが、今だからこそ行きたい場所の一つです。



とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック