ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年05月31日

開山祭・第51回貞逸祭【後編】大雪渓にて

歩き出したのが9:15頃
そして途中でアイゼンを装着し、雪渓の上に出たのが10:30頃
そこから一歩ずつ高度を上げていき、白馬尻付近
今回の大雪渓トレッキングの目的地への到着が11:25

休憩をはさんで、おおよそ2時間のトレッキングとなりました。
時間で見ると、半分が雪がなく、半分が雪の上。
そんな意味では、バランスも良かったのかもしれませんね。
なんて、当日は全くそんな時間的なことは考えておらず、歩いている最中は遅れる人がいないままで登れるかな?とか、風が強くならなければいいなとか、他の班の雰囲気はどうだろうなとか。そんなことを考えていました。

それでも今回参加者の全員で到着した白馬大雪渓
やっぱり大きいし、何よりもきれいだった!!

恒例の??7班8班9班のハイランドチームの全員と、ガイドさんと一緒に記念撮影

開山祭2017後半

続いてほぼ同じ隊形ですが、もう一枚。
ちなみに、こうして撮った写真はデータをCDにして、今回参加された皆様に後日送らせていただいています。まだ選んでいませんが、近々一枚ずつチェックしながら写真を選びます。

開山祭2017後半

いい天気でしょう??
この辺りではまださほど風も強くなく、寒いという感覚はあまりありませんでした。
毎年こうやって5月の終わりに大雪渓まで登るこの企画。
年に一度というのがもったいないような、でもだからこそ価値があるようにも思いますし、今回こうしてみなさまとご一緒させていただけたことが何より楽しかった。

さぁ、待望の?お弁当タイムです。
実はですね・・・。今年お弁当が今までの物と変えてみました。
おにぎり弁当は毎年食べているよというお客様も多いのと、せっかくだったら地元の食材を使ったお弁当もいいかな??
ということで、奮発しました

開山祭2017後半

こちらのお弁当
古紫姫(こしき)
というお弁当でして、紫米の稲荷や、ワカサギ、山賊焼き、リンゴゼリーに笹寿司
あと、これ、個人的に大好きで、ホテル売店にも置こうかと思って、今から5年ほど前ですが、製造元のお店に話をしに行ったことがあります。
左上に入っている野沢菜わさび漬け。これがおいしいんです。
安曇野にある、丸佐食品さんというところのものです。
http://www.dcn.to/~marusa/item/circlecup.html#noza

おにぎりでないので、食べにくいかな?と心配しましたが、いかがなものだったでしょうか??


お昼休憩はおおよそ一時間。12:30下山開始としていたので、のんびりと時間が取れました。
お昼のワンシーン
開山祭2017後半


こちらが今回お世話になった白馬山案内人組合のガイドさんたち

開山祭2017後半

左のサングラスの方が7班担当中島さん
赤いフリースを着ているのが9班三浦さん
右の手前のガイドさんはなんと今年でハイランドホテルチームの担当3年連続!!という蟹江さん

ベテラン三人のガイドさんらが私たちをここまで案内してくれました。

みなさんそれなりに近所で雪の上に座ってお弁当を広げていましたが、山に来るとこれがウマいんだよなーと、あっつあっつのシーフードヌードルを作っていらっしゃっしゃいましたね。

開山祭2017後半

ジェットボイルという山用品をお持ちになっていました。
山版のティファールとでもいいましょうか。
いい匂いでしたー


大雪渓まで元気いっぱい歩いてきたホテルスタッフ
くろちゃんとちかっぺ

開山祭2017後半

なんと、参加者の中で最大級の大きさのビニールシートを持参してくれて、ゆっくり腰を下ろさせてもらいました。くろちゃんありがとう!!


思い思いのひとときを大雪渓で過ごしていると、さすがに半袖一枚では寒くなりましたw
晴れた山間で設計の上部を見ると・・・。

な、なんと、わかりますか

開山祭2017後半

ちょうど写真の中央に登山者の列が見えています。
葱平、小雪渓付近でしょうか。
開山祭の先発隊があったそうで、このみなさんは山頂を目指して登っているんだそうです。
早い早い。
時間にしたら2時間くらい差がついているように思います。
がんばれー、山の下からエールを送りました。


さ、いよいよ帰路へ
往路を戻ります。

下りで役立つのがアイゼン。
かかとに重心をかけながら雪の上を下ります。
こんな風に少し急な斜面もありました

開山祭2017後半

それから、一昨年参加した際に雪にハートマークに見える穴が開いていて、その時に一緒に歩いたスタッフまつおっちが写真を撮っていたのですが、今回はこんな形を見つけました!!

開山祭2017後半

クマさん
見えませんか??


登った時と比べて太陽も高くなり、日の当たり方も変わりました。
上部では風が吹いていたようです。
往路よりもいい景色だと感じた下山道

開山祭2017後半

今年もこんなに素晴らしい天気の中で往復のトレッキングを楽しめたことが一番でした。


一方で花が本当に少なくって、シラネアオイやニリンソウも少し離れて咲いていましたが、比較的近くで目立ったのがこちら

開山祭2017後半

そう、ショウジョウバカマ
雪がしっかりあって、花もしっかりあるというのはこの時期だと両立は難しいようです。

こんな写真も

開山祭2017後半

望遠レンズだと思いますが、遠くに見えていた砂防ダムの滝があるのですが、その堰堤の上に立つ二人
今これだけ雪があるから行けたんでしょう。
あれ、よく見ると他にも人がいるような??


大きなけがもなく、大きな遅れもなく。
途中手を使うところで渋滞が起きていましたが、そうした箇所も無事に通過し戻ってきました。

最後に迎えてくれたタムシバ

開山祭2017後半

歩き終わったのが13:50〜14:00頃のこと。
昨日ご紹介?できませんでした、開山祭8班のみなさ〜ん!!

開山祭2017後半

帰りのバスの出発時間の設定で私がミスしまして、反省しているところもありますが、協力をいただき無事に歩けました。
山菜天ぷらやトン汁の振る舞いもみなさん食べていただけましたでしょうか。

開山祭2017後半

緑も、青も、自分の周りの色にハッとするほど新鮮さを感じることが出来た開山祭
本当に参加させてもらってよかったと思っています。

さぁ、来年は??
企画を始めて来年でどうも10年ということになるようです!?
5月の第四土曜日にほぼ決まって開催される開山祭

来年もたくさんの方で、いい天気でにぎわいますように。

みなさま、ガイドさん、留守番してくれたスタッフのみんな。
開山祭の準備をやってくれたちかっぺ、くろちゃん、運転手さん
みんなの協力で実現できました。
ありがとうございました。
みなさまお疲れ様でした。



とみしん
この記事へのコメント
ハイランド部隊の皆さん おつかれ〜
そして、とみしんさん・ちかさん・くろちゃん有難うございました。
皆さんの力で曇りの天気を追っ払うことが出来ましたネ
もう今から来年の開山祭を楽しみに待ってま〜す♪
Posted by 彩盗爺 at 2017年06月01日 07:58
帰宅して確認したら今回で8回目でした。
再来年まで頑張って参加します(^^♪
Posted by sugasuga at 2017年06月01日 21:03
とみしんさん、ちかさん、くろちゃん、お世話になりました!
私達参加者が楽しめるよう色々と気を遣って頂いたお陰で楽しい開山祭となりました。
天気に恵まれて白馬の山は新緑と雪が眩しいくらいでキラキラしてましたね。やっぱり白馬はいいなぁ〜。

お弁当も本当に美味しかったです。何で山で食べるご飯はあんなに美味しいんですかね〜。

最高の景色を見ながら、ホテルスタッフの方や参加者の方々と楽しく歩ける開山祭。今年も参加して良かったです。
ありがとうございました!
Posted by 居酒屋ハイランドの常連客 at 2017年06月02日 07:04
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450406354
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック