ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年06月09日

東山魁夷の世界、御射鹿池

フォトジェニックなる言葉を耳にするようになりました。
今まであまり注目されるようなことが無かったような場所が、SNS、インターネットを通じて一気に広がり、わざわざそれを見に来る方が増えるという、今ならではの現象??
竹田城に始まり??モネの池、君津の濃溝の滝あたりはさぞかし有名になりました。
長野県でも日本のチロルとして下栗の里は見たことがある方もいらっしゃると思います。
輪島の千枚田やら、最近は佐渡の北沢浮遊選鉱場跡やら四万温泉の近くのチャツボミゴケも写真で見る機会が増えたなと感じています。

そして、こちらも同じく写真で人を引き付けているということで、先日白駒池に行った際に一緒に行ってきたのが、蓼科にある「御射鹿池」です。
今、この池を訪れる方が急増しているんだそうです。

先日の白駒池でコケ観察と散策の後、黄金の湯で知られる横谷温泉さんにお世話になりました。お昼ごはんと散策、希望者は入浴付。

横谷温泉と乙女滝

せっかくの横谷温泉です。
もちろんお風呂をいただいてきました。
冷泉ですが鉄分を含んだ褐色のお湯。

順番が逆でしたが、お風呂を楽しんでから近くの乙女滝も見てきました。
以前に一度来たのは確か晩秋か冬でしたので、鮮やかな緑が印象的でした。

横谷温泉と乙女滝

ただ、横谷温泉さん、最近元気がないとか聞きます。
いいお湯ですからなんだかもったいないような気もしてしまいます。。。


その後移動して御射鹿池へ
今はマイカーや観光バスの駐車場が整備されるという大改革が行われている御射鹿池
それだけ見に来る人が増えているということなんですね。

緑の美しい池・・・。
東山魁夷の絵のモデルになったという緑が池に映るということで知られています。
ちなみに、この池は湖畔に入ることはNGなんです。
私有地なんだそうで・・・地主さんの許可がいるということですね。
ただ、この日は道路の工事をしていることもあって、夕方前までは池に入っていいよという許可が出ていまして、池へと降りることができました。

御射鹿池

まぁ日中は風があって水面はこんな風に揺らめいていましたが・・・。

私たち以外にも結構な数の人が見に来ていました。
びっくり。
私、志賀高原の長池や木戸池なんかの水鏡もいいと思うんですけどね、ここは一味違うんでしょうか??東山魁夷さんの影響?ネットの影響??


あらためて少し時間が経ってから、夕方前に再度御射鹿池へ挑戦です。
時計は17:30頃

御射鹿池

風が落ち着いてきたことと、太陽が斜めになって光の感じがだいぶ変わりました。
良く映っています。
東山魁夷氏の絵では空は切り取られていて、手前の木々までになっているようですが、初めて行って同じようには撮れませんでした。

御射鹿池

御射鹿池もその映り込みの美しさで人が訪れているわけですが、白馬もいろいろなところで素晴らしい景色が楽しめるところです。
鎌池もいいですし、姫川源流のクレソンのあるところ、チャツボミゴケみたいに見えないかな??
権現山からの青木湖とアルプスの景色、野平の桜、わらび平の湯からの景色!?
ひょんなことから有名になる可能性があるわけです。
ただ、それ以上に白馬は行ってみるといろんなところにたくさんの良い景色があるわけで・・・。
そうそう、突然有名にでもなればなったで嬉しいですが、そこに期待はせずに、これからも毎日の白馬周辺を、長野県を、コツコツと発信できたらなぁ(最近はつめちゃんが書くことが多いですが)と思うようにします。



とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック