ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年06月18日

晴れたらこんなにいい!八方尾根

こんなにいい写真あったんですね。
そういえばこのところ白馬村はいい天気続きです。
つまり、これから紹介させていただくような八方尾根を楽しめるということ。

先週の天気のいい日曜日、彩盗爺さんがお弁当をもって八方尾根を歩いてきてくれました。
写真を見ていると歩きたくなること間違いなし!!
事実、景色はとにかく素晴らしい山なんです。ということで、一緒に登りましょう♪

八方尾根トレッキング
わくわくする。
リフトに乗って進んでいくにしたがって変わっていく景色。
白馬の村はあっという間に眼下に小さくなります。
リフトで登るだけでもお勧めしたい八方尾根

定番かもしれませんが、やっぱりキレイですもの。

八方尾根トレッキング

八方では3種類の乗り物を乗り継いで山の上に上がりますが、2番目と3番目の乗り物の間で見られる景色。
山の大きさ、白と緑と。
気づかない方がいらっしゃったりしますが、本当にもったいない。
晴れているばかりじゃありませんし、こうやって堪能しませんと。

山の上に遅い春がやっとやってきています。
さらにリフトで上部へと登っていきましょう。
白馬三山だけじゃありません。五竜に鹿島槍に、アルプスの名峰へと近づきます。

八方尾根トレッキング

栂池自然園は雪の中ですが、八方尾根はやはり尾根
雪は深くありませんというより、歩くコース上の雪は心配しなくても良さそうです。

八方尾根トレッキング

足元は良くないですが、一歩ずつ登っていただきたい。
景色を見ながらゆっくりで構いませんよね??
風さえなければ寒いと感じることはないのではないでしょうか。

八方尾根トレッキング

コースは一部通行止めになっています。
この分だとこのルートが開通になるのは7月に入ってから。
この区間を歩けないとちょっと急な上り坂になりますが、その距離は長くありません。
八方池までの区間で、この分岐から200mが一番きついように思います。

でもよくできているんです。
遠慮なく足を止めるとこの景色

八方尾根トレッキング

撮りましょう、写真

今まで八方池の手前、第二ケルン周辺で雪の上を歩く箇所がありましたが、先週日曜日でこの状態
共18日にはなくなりました。

八方尾根トレッキング

岩で歩きにくいかもしれませんが、雪の心配なく登りましょう。
八方池、もうすぐですよー。

八方尾根トレッキング

八方尾根トレッキング

第三ケルンの場所から見た八方池(雪の中)です。
歩き出してから一時間ほど
しっかりと休憩をとるか、ここを目的地として歩くのが一般的です。
池はまだ雪の下。
写真左側から少しずつ雪がとけていきますが、こちらもしっかりと池が出てくるのは来月のことになりそうです。


今回この天気が味方をし、彩盗爺さんはさらに足を進めたんですね。
てっきり八方池で戻ったのかと思いましたが、写真が続いていました。

ダケカンバの林を抜け、普段は急な階段があるところ

八方尾根トレッキング

階段は雪の下。
雪面を登るルートになっています。
今の季節、唐松岳まで登山も可能ですが、今はまだ「夏道」が開通しておらず、尾根のてっぺんを通るルートで登ります。

八方尾根

登山者の前方、一つ奥の丘に見えるのが丸山ケルン
足元に注意しながら八方池から先に進んでみるのもいいかもしれません。
池までとは雰囲気も変わります。

八方尾根

一歩の積み重ねで標高を上げます。
今の季節ならではで尾根道へと入りますが、尾根だからこそ景色は抜群
この辺り、どこを目的地にしてもいいと思います。

花に出会うというよりは少しずつ山に近づく感じ。
雪の上を歩く箇所と雪のない箇所を進みます。
なんだかいいですね。

八方尾根

景色も気持ちの良さも独り占め
好きな場所で腰を下ろしてお弁当を広げることにしましょう

八方尾根

定番?のおにぎり弁当w
おにぎりで山に乾杯をしているようにも見えますね。


時間を見ながら往路を戻ります。
八方池に寄り道をしたようです。

八方尾根

ケルンと反対側の丘から池を見下ろします。
池は顔を出したとはいえ、まだまだほんのわずか
雪の下には春の花が雪が消えるのを今かと待っているわけですね。
花も待ち遠しい八方尾根。

写真を見ていると行きたくなりませんか??
登れば当然疲れますが、私(とみしん)、行きたくなっています


往路と同じ道でリフトまで戻ります。
八方を見渡せる景色のいい散策路。

八方尾根

平坦な箇所はありませんが、この眺望の中をこの手軽さで歩けるというのは他にありません。


リフトに乗ると一安心ですが、なんだかもったいないようにも感じます。
そんな時は、いつものミッションをして、気を紛らわせましょう。
ミッション??
これです

八方尾根

毎度ありがとうございます。
眼下に広がる白馬村
右上にちょっと気になる建物映っていますね。

見えるというのも天気がいい証拠です。
そこに泊まっていたんだよという証に、みなさまも八方尾根や栂池に上った際には白馬ハイランドホテルを山の上から探してみてくださいね。



今回彩盗爺さんからもっとたくさんの写真が届いています。
珍しい写真もあったので、近いうちに第二段、この続きとして紹介します!!
お楽しみに!



写真 彩盗爺さん
文 とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450993914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック