ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年06月28日

小谷村・奥白馬コルチナイングリッシュガーデン

ホテルグリーンプラザ白馬へ
6月の頭頃にチラシをもらいました。
6月24日、新潟からコルチナイングリッシュガーデンに加藤ファームの方が宿根草を売りに来るよ!!
というお知らせでした。

加藤ファーム畑や?
聞いたことありませんが、何か新しい植物との出会いがあるかもしれません。
日中に仕事を少し抜けて車を走らせました。

栂池ロープウエイの前を通り、さらに奥へ、山へ
登っていくと急に景色が開けて大きな赤い屋根のホテルが見えます。
このシーン、好きです。

コルチナイングリッシュガーデン

この辺りでは最大の規模のホテル。
すぐ裏にスキー場もあり、この、コルチナイングリッシュガーデンは、そのスキー場に作られています。
早速ホテル内を通らせてもらい、イングリッシュガーデンの入口へ
まぁ宿根草、たくさんあります。

コルチナイングリッシュガーデン

ガウラにホスタ、バラはもちろん、ブットレアにジキタリス、ラムズイヤーにゲラニウム、ハイドランジア、ハーブ
・・・・うーん、なるほど。
宿根草ではあるのですが、さすがにイングリッシュガーデン寄りの花ですね、当たり前ですよね。
私、少しだけですが、珍しい山野草でもあるかと思って・・・・。

でもせっかくここまでやって来ました。
そのまま帰るのももったいないので、イングリッシュガーデンを見ていくことにしました。

コルチナイングリッシュガーデン

ホテルが借景になって、いい具合です。
しっかりと整備されている園内。
人も多くありませんので、ガーデニング好きな方にはお勧めしたいです。
五竜好きならここもいいかなと思います。
色味がきれいです。

コルチナイングリッシュガーデン

ハイランドホテルにもこんな散策路があったらなぁ。
ないものねだりですね。
でも、ここは7月8月に実施される白馬アルプス花三昧の会場の一つ。
会場になると定期シャトルバスがやってくるという特典付き。
シャトルバスが来るなら、ハイランドホテル何かやりたいと思っていました。
冬のスキーバスも同様ですが、シャトルバスは線路を渡らないとか、川の向こう側(ハイランドホテルがある側)には入ってこないとか、いろいろ言われて久しいですが、これでいつかハイランドガーデンでも完成したら、シャトルバスが入って来るのだろうか??と考えたことがあります。


緩やかな勾配はあれど、良く作られた庭。
自然っぽくしてあるところと、植えられたところと、どちらも楽しめます。

見ていて「いいな」と思ったのが、この木

コルチナイングリッシュガーデン

多分ですが、これ、黄金アカシアというやつ??
池の平ホテルのCMで名前は聞いたことがありますが、初めて見たかも。
非常に明るい色で、アカシアなら成長も早そうで、目立ちましたし、ハイランドホテルの庭にも欲しいなと思いました。


花は咲いているものもあれば、まだつぼみの物も多数。
バラはほどなく良い頃を迎えそうです。
殿堂のバラたちもあちこちに。

コルチナイングリッシュガーデン

ベルバラ、見たかったです
(つぼみでした)
しっかりと計画されて作られたガーデン。
お金取るだけありますねw

植物たちみんな元気そうでした。

一周20分程度??
歩くだけなら10分くらいですが、じっくり見て周りたいです。
まだ拡張しそうなガーデンは間もなくバラが見ごろを迎えそうです。

コルチナイングリッシュガーデン

コルチナイングリッシュガーデン

ここ、見るとハイランドホテル前の庭も何かしたくなります。
まずは雑草取りですね。はい、がんばります。

コルチナイングリッシュガーデン

夢見るばかりですが、コルチナイングリッシュガーデンを見て、いい刺激をいただきました。



とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック