ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年07月14日

八方北尾根高原行無料シャトルバス運行

この夏からといいますか、明日からなので、通知が遅くなってしまいましたが、北尾根高原への無料シャトルバスが毎日運航することになりました。

北尾根高原を運営するのは、八方温泉でおなじみの八方尾根開発さん。
すると、八方バスターミナルからの無料バスなのかな??
と思っていましたところ・・・・。

北尾根高原シャトルバス

ホテルの前に何か置かれています。
ふむふむ

北尾根高原シャトルバス

と!!
なんとなんと、ホテル前にバス停が置かれました。
冬のスキー場行きシャトルバスはこのようにバス停が置かれ、毎日そこにシャトルバスがやってきます。
が、この夏にこうして送迎があるとは、北尾根高原への熱の入れようを感じさせてくれます。


夏の間だけですが、選択肢は多いほうがいいですよね。
こちらがその無料シャトルバスの時刻表です。

2017北尾根高原シャトルバス時刻表

往路二便
復路二便

が運行されます。

ちなみに、往路に関しては、ホテルで運行している八方尾根のゴンドラリフト行きの無料シャトルバス
7:50発
10:00発
もお知らせいただければ、北尾根リフト乗り場まで周れます。
実際に使い方を考えてみました。


【欲張りコース】
ホテル発7:50乗車(朝食レストランオープン6:30からです)

北尾根リフト乗り場8:10頃到着

リフトで登り、北尾根で景色を見たり、森をさくっと楽しみます。

北尾根リフト 10:00までには下山開始

北尾根リフト乗り場 10:20頃に到着するであろうホテル10:00発のバスが来たら、それに乗って移動。

八方尾根ゴンドラまたは白馬駅またはホテルまで戻って来る


なんてことも可能ですね。

また、北尾根高原の無料シャトルバスは途中みみずくの湯と、おびなたの湯
の両方を経由するようなので、そこで下車して温泉を楽しむということもできそう。
ただ、時間を見るとうまい周り方がわからない・・・・みみずくの湯は10時から営業



北尾根高原から黒菱へ、
北尾根高原から八方ゴンドラへ

というバスも現地で運行があります。
時刻表のURLを入れておきます。
http://www.happo-one.jp/kitaone-news/6975.html

ただ、位置関係が不明で、見てもよくわからないというケースがあるかと思います。

もしも北尾根高原も八方尾根も両方楽しもう。
仮に二連泊のお客様で、中日一日を北尾根高原と八方尾根トレッキングの両方を楽しむという場合はこんなスケジュールはいかがでしょう。


9:00 ホテル発北尾根リフト行きシャトルバス乗車
9:30 北尾根高原リフト乗り場到着、リフト乗車
9:45 北尾根高原に到着

10:50 散策終了、下山
11:00 北尾根高原リフト乗り場へ下山、バス停へ移動
11:07 北尾根高原発、八方バスターミナル行き5便に乗車
11:17 八方ゴンドラ駅に到着、ゴンドラに乗って山へ!!
12:00 第一ケルン到着 山を眺めながらのお弁当タイム


【歩かない場合】
13:15 下山開始
13:50 八方ゴンドラ駅に下山
14:00 八方ゴンドラ駅発ホテル行きバスに乗車>>ホテルへ

【歩く方】
12:30 トレッキング開始
13:50 八方池到着
14:20 八方池出発
15:15 第一ケルンへと下山、下山開始
16:00 八方ゴンドラ駅に下山
16:05 八方ゴンドラ発の「花三昧バス・有料」に乗車
16:17 白馬駅で下車、ホテルに迎えを依頼

>> ホテルへ


実際に紙面上での時間なので、歩いてみないと忙しいかどうかわかりませんが、多少の余裕は見ています。

楽しみ方はいろいろあるはず
私たちが相談に乗りますので、そのあたりはどんどんお知らせください。


山の花がきれいになってきました。
いい夏旅にしましょう。



とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451809043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック