ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年07月15日

七島八島と木落し坂

白馬から日帰りでちょろっとお出かけ。
だいぶ前のことになってしまいまして、花の様子の参考にもならないと思いますが、ビーナスラインにある八島湿原へと行ってきました。

八島湿原

確か、前回ここを訪れたのは8年前。
加療中の時でした。

久しぶりの八島湿原。

八島湿原

ここに来ると加療していた当時というよりは、もっと前、自分の社会人一年目の旅行会社のお仕事で八島湿原に来て、山の上にこんなに広々とした場所があるんだ!!
と、もしかしたらお客様以上に広さに感動していたことを今なお思い出します。

じっくり一周歩くというつもりでもなく、でもせっかくだからちょっと散策。
花があるかなとぐるっと入り口付近を散策してみました。


花はあるのですが、普段白馬にいると、やっぱり白馬って花が多いんだなぁと実感します。
タイミングもあるのかもしれませんし、もちろん八島湿原にも花はありますが、栂池自然園なんかと比べてはいけませんね。

それでも咲いていた

八島湿原

グンナイフウロ

緑が気持ちのいい風を届けてくれました。
しっかりと整備された木道を散策できます。

八島湿原

八島湿原

アヤメも見ごろでした。

八島湿原

大出公園と、あとどこにあったでしょう。白馬にはあまりない、歌碑
あざみの歌

八島湿原

山には山の愁いあり 海には海の悲しみや
ましてこころの花園に 咲きしあざみの花ならば
高嶺の百合のそれよりも 秘めたる夢をひとすじに
くれない燃ゆるその姿 あざみに深きわが想い
いとしき花よ汝(な)はあざみ
心の花よ汝はあざみ
さだめの径は涯(は)てなくも
かおれよせめてわが胸に

ビーナスライン周辺にはご存知のように見どころも多く点在します。
本当はゆっくり美ケ原から車山、霧ヶ峰、白樺湖など見ていければよかったのですが、散策もほどほどに切り上げて、ここから茅野市街方面へと下りました。


ついでに寄り道をしたのがこちら

木落し坂

諏訪大社の数えで七年に一度の大祭、御柱祭りで思い出す、木落し坂
20年近く前の御柱を見に行った以来、お祭りには行っていません。

木落し坂

普段でもこんな風に御柱が置かれていまして、ここから落とすんだよと、坂を覗けるようになっています。


木落し坂

そうそう、この景色はお祭りでこの下の河原に大勢の人が映るシーンでも出てきます。
スキー場でいうとどの程度の斜面なのかな??
黒菱??うさぎ??
そこまで急ではないようにも思いますが、ここを丸いものにまたがって落ちるのは自らの意思で滑るのとは全く違うでしょうね。


木落し坂からは岡谷インターへとバイパスのようなトンネルができていますので、すいすいっと抜けることができます。


今ちょうどビーナスラインはニッコウキスゲの季節ではないでしょうか。
八島湿原と併せてドライブ、ツーリングを楽しむのにとてもおすすめのコースです。

白馬からはちょっとだけ距離はありますが、往路に、復路に、車でこちらまで来られた方はルートの中に入れてみてもいいかもしれません。


あまりいけませんが、ちょっとしたお出かけ
楽しいものです。


最後に、今日の夕方に久しぶりにアルプスのシルエットが素敵でしたので、その一枚
夕方のアルプス

とみしん
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451837069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック