ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年08月05日

好きです八方尾根トレッキング

休みだし、どこへ行こう。
白馬岳に上がりたかったですが、前日の仕事が午前様になってしまったこともあり、早起きする自信もありませんでしたし、でも山に登りたいなと思った時に頼れるのが八方尾根です。

八方尾根から唐松岳に行く
白馬大池に行って、時間があったら栂池自然園を見てくる

この二択で迷ったのですが、先月末の八方尾根の天気が良くなかったこともあり、まずは八方池に行ってみよう!!
そう考えて迎えた金曜日。4日
台風が日本に近いと、アルプスに雲がかかるのはいつものこと。
それでも朝7:45
八方尾根ゴンドラに私、いました

八方尾根の様子

8時頃、アルペンリフトで山の上へと登っていました。

一見青空だし、晴れているでしょう?でも本当はガスガスしてたんです・・・。
黒菱平の鎌池湿原に来てびっくりしました。

私木曜日の夜に花のスライドを担当しまして、黒菱平ではニッコウキスゲが見ごろではないでしょうか??と話をしました。29日にはまだまだ見ごろだったニッコウキスゲでしたが、その5日後の8月4日

八方尾根の様子

あらら、ニッコウキスゲがきれいさっぱりなくなっています。
代わってピンクのシモツケソウが目立つようになってきていました。
花の交代ってあっという間なんだなと改めて感じ、少し寂しさも覚えました。

グラードクワッド乗車の時に、確認すること
今日の天気と注意報、それと一応リフトの営業終了時間。

八方尾根の様子

基本が4:30最終です。

八方尾根の様子

トレッキングの開始地点
すでにコースにはたくさんの人が見えています。
雲が尾根に触るくらいの位置でしたし、アルプスは雲に隠れてしまっていました。
でもせっかくですし、前回花もたくさん咲いていましたし、ゆっくり歩いていこうかな。

ふと五竜を見ていたら、周りにガスがとりまいていて、見かたによっては天空の大地のように・・・・竹田城のように・・・・見えるかなぁと思いつつも、ただのガス巻く遠見尾根??

八方尾根の様子

いえいえ、もっと想像力を掻き立てて、雲の中から現れたxxx??


ここで8:15頃。それなりに早い時間にやってきました。
ゆっくりと登っていくこととしましょう。

尾根沿いの道から歩き始めた私、たまちゃんと違って早くはありません。
本当は新しい靴で登ろうと思っていたのですが、その新しい靴、買えてさえいません・・・。

八方尾根の様子

息を切らしながら、汗を拭きながらの八方尾根です。
学校のガイドで来た時よりは周りも見えています。


尾根沿いの登山道では、青い、小さな花、八方尾根の特産種ハッポウタカネセンブリが見ごろを迎えていました。

八方尾根の様子

小さな花ですが歩いていると目に飛び込んできます。
リンドウもそうですが、青い花って好きです。
また、いよいよ咲きだしたんだなぁというのがこちら

八方尾根の様子

タカネマツムシソウ
花が大きいので目立ちます。
見ごろにはさすがにまだ早いですが、この数日で咲き始めた様子です。

登山道沿いはつねに何かしらの花があるというこの八方尾根トレッキングコース
実にステキです。
トレッキングしている人の数はそれなりにたくさんいらっしゃいました。
昔と違って追い抜きながら歩くなんてことはできなくなりましたので、流れに逆らわず、一歩ずつ歩きます。

八方池の手前に到着したのが9:15

八方尾根の様子

山は見えそうで見えません。
ガスが濃くなったり見えかけたり。
やきもきします


今回はケルンではなく、写真右側の池側から歩いてみました。
その木道を緩やかに下る際に、おや??
と思って見つけたのがこちら

八方尾根の様子

花のつぼみが膨らんで、いよいよ花が咲きそうな状態。
シブツアサツキでしょうか??
それともシロウマアサツキ?
第三ケルンの南側斜面に咲いているのは見たことがありますが、ここにもあるんですね。そもそもどっちでしょう??

そのアサツキの咲きそうな花のすぐ先では、まだわずかながらの残雪がありました。

八方尾根

お盆までは持たなそう??
暑い中、雪は少なくてもここに来るとひんやりとした感じを受けます。
ありがたい恩恵

かれこれ一時間と少し
トイレには寄りましたが、それ以外で休憩したわけではありません。

八方尾根

八方尾根

八方池の脇のクガイソウゾーンはほぼ見ごろとなりました。
これで山が見えたら最高ですが、そんなタイミングで歩ける人の方が少ないですものね。
こうして季節が進むにしたがって、少しずつ背の高い草が主役を奪っていくようになります。


展望ポイントに到着する頃には、まわりはすっかりと白いガスの中に入ってしまいました。

八方尾根

9:35
晴れるのを待つ人の姿もありましたが、うーん。
タイミングなのかもしれませんが、晴れる気は全くせず。

ただ、この池の写真に写っている対岸の岸辺を見ていたら、こんなのがありました。

八方尾根

八方池のふちに咲いていたんです。
写真を撮るときには、何と良いサンプルなんだろうと思って撮りましたが、違いが判りますかね??

手前のワレモコウは花が下側、茎側から咲いてきているのに対し、その奥の写真中央付近に映っているのは上側、茎とは反対側から花が咲いてきているのがわかりますでしょうか。
それと、このワレモコウ、穂が長いです。
ナガボノアカワレモコウという種類??
ナガボノアカワレモコウも普通のワレモコウも、花の先から花が咲いていきます。
それに対して、この写真の茎側、下側から花が咲いてきている種類を「ハッポウワレモコウ」と呼び、ここの特産種としています。
花が先端から咲くか、根元から咲くか
この時期ならではで見ることができました。

せっかくここまでこの時間できましたし・・・・。

でも今日はここまでですww


疲れが抜けきらない?
とみしん

23:49 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]