ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年08月30日

乗鞍剣ヶ峰より

昨日の登りの記事>>
の続きです。


息を切らしながら登った乗鞍岳
ただ、天気にも励まされ無事に山頂まで行くことができました。

山頂付近から眺めることができる北アルプスの眺めです。

乗鞍剣が峰

一部は山名入れてあります。違っていたらごめんなさい
白馬岳まで眺められます。逆もまた然り。
白馬岳は形が独特なのでわかりやすいですね。
南北約100kmにわたって連なる北アルプスの、乗鞍は一番南に位置します。
そこから北の端にある白馬岳、剣岳を望みます。

良い眺め・・・。
向きを変えて、南側

乗鞍剣が峰

こちらは御嶽山と、その左には中央アルプスが連なります。
北アルプス側と違い、距離がありますのでディテールは見えませんが、叫ぶとしたらコッチ!!
と、よくわからないことをいつも考えます。

今度は西側

乗鞍剣が峰

乗鞍剣ヶ峰の西に権現池という池があって、その奥に飛騨の高山、そして加賀の白山
実際にはこの眺めがつながっています。
それこそ360度カメラの出番です!!

でも、そんなカメラは持っていません!
ちょっと偽パノラマで改めて北アルプスを

乗鞍剣が峰

よくここまで天気が回復してくれました。


存分に景色とお昼を楽しんだら下山開始。
スリップには充分気をつけて岩場を下ります。

改めて花を見ながら
秋の知らせをしてくれていたトウヤクリンドウもしっかり咲いていました。

乗鞍岳

こちらにはチングルマの穂がまだ残っていました。

乗鞍岳

帰りは途中からお花畑の道へと入ります。
窪地になっているので、場所によっては夏の終わりでも花が良いところがあったりしますので、時間があればおすすめです。

乗鞍岳

乗鞍岳

登山道では花は終わっていたヨツバシオガマもこうしてまだ見られるものがわずかに残っていました。



乗鞍岳

この木道がお花畑の一周ルートですが、今回は見送ります。
時間は充分ありましたが、なんでしょう、ちょっと疲れていたのかな??
この日はバスの運行が二時間に一本。
11時、13時、15時、17時
山頂に12時30分ころにいましたので、おのずと次のバスは15時ということになります。

お花畑分岐で時計は14時20分
ここからわずかに登ってバスターミナルですが、そこが雪どけが遅いポイント。
他では咲いていないであろう、雪どけの花が最後の最後に迎えてくれました。

乗鞍岳

ハクサンイチゲ(白)にミヤマキンポウゲ(黄)
8月終わりを感じさせない、まだまだ青々とした茂り方でした。

乗鞍岳

ぐるっと山歩き。
八方尾根の唐松岳に比べても登山時間は短いです。
3000mの登山としては手軽な部類、アクセス距離の短い山に分類されます。

登りのバスは4台で運行でしたが、帰りもやはり4台運行。

乗鞍岳

座っての乗車ができますし、帰りはほとんどの方が寝てしまいますので、乗鞍高原のバス停まではあっという間です。



戻ってきて16時
往復のバスの乗車がありますので、登山時間が短い割にはトータルの時間はかかります。
ただ、畳平に上がるだけでも高山を味わえる特殊な場所です。
山また山の長野県ならではですよね。
あれ、岐阜県??どっちでもいいですね。
アルプスに触れ合える場所の一つとして、こちらに来る際に行ってみたい場所の候補にしていただけたら幸いです。



山は楽しい
とみしん
21:20 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]