ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年09月20日

白馬村は今、黄金の輝きの季節

ようやく天気も多少の落ち着きをみせてきたような、それとも今だけなのか??
アルプスが盾になって風から守ってもらった白馬村。
連休の台風の通過がありましたが、ほぼ風が吹くこともないまま朝を迎えました。
その後は晴れ。
昨日、そして本日と、アルプスが顔を見せてくれています。
正確にはおとといの夜から見えてきていました。

明日も晴れ予報なので、明日も引き続きアルプスが見えたら嬉しいですね!!


稲刈りがそろそろ始まりそう、この週末で刈るところが多いのかなと思っていますが、刈り取られる前に見てこよう!!
そう思ったスタッフたまちゃん。

おもむろに車を走らせて、向かった先は

秋の様子

この場所を見たことがありますか??
この一枚でどこの写真かわかったらたまちゃんと同じくらい白馬に詳しいかも!?
白馬村のとある場所。

ホテルのスタッフでもたぶん半分以上のスタッフがこれがどこかは答えられないと思うほどの難易度上級ですw

協力金箱が設置されました。昔から広くはない駐車場ですが、ここしかありません。
車を止めてこの場所に久しぶりに訪れた自分に感謝しつつ、なんとなく見てこよう、と、奥へと探検してきたようです。

青鬼の秋の様子

こちらの写真でおおよそわかりそうです?
いやいやわからないと聞こえますか??
白馬村のある場所です

そう、白馬と棚田がキーワードとなるならば、やっぱり青鬼ですよね。
棚田はもとより、白馬村にある田んぼ各所が黄色く輝く色を見せてくれています。
黄色??いいえ、黄金色というほうがしっくりきます。

青鬼の秋の様子

青鬼の入口に車を停めて、あとは一本道を奥へと進みます。
ブラブラと進んでいけば、すぐに田んぼが広がっているんです。

どこの田んぼも黄色くなっています。
稲穂が下がり、収穫を待っているのでしょうか。

青鬼の秋の様子

アルプスが雲に入ってしまっていてそれだけが残念だったとたまちゃん。
アルプスじゃないところは晴れて青空が広がっていたところもあっただけに、余計に残念に感じたようです。

青鬼の秋の様子

棚田に置かれた石仏
少し高い位置に置かれていて、雰囲気があって好きです。

奥へと歩いてきました。
奥へと書きましたが、実際には駐車場からゆっくり歩いて10分ほどのところです。

青鬼の秋の様子

棚田があるところですから、山に向かって少しずつ登ります。
それでも緩やかなので、気にはなりませんし、奥へと入るとアルプスのふもとの山の景色が見えるようになってくるんです。
五竜47のスキー場から、八方のジャンプ台まで。
雲の中に隠れてしまっているのは、五竜岳と鹿島槍ヶ岳

晴れた日の絶景はどうぞみなさまのお目めでご覧くださいませね。

青鬼では古代米である、紫米を育てています。
刈り取りは間もなくのはず。
次の連休でおおよその刈り取りが終わることでしょう。

見上げると空にも秋を感じました。

秋の景色

うろこ雲です。
9月も2/3が過ぎました。
暑さ寒さも彼岸まで
今日は彼岸の入りです。そう思っていると、少し寂しさも覚えます。

ホテルから見る白馬村の田んぼもだいぶ黄色に変わっています。

秋の景色

田んぼへの水入れから始まり、今ちょうど4か月です。

今の景色はあと数日!?
だからこそ、今しか見られない白馬村をうろうろ見ていってください。



写真 たまちゃん
文 とみしん
23:42 | Comment(3)
この記事へのコメント
一枚目のお写真で青鬼とすぐ分かりました!✌
実は今月初めに訪問させていただきました。
紫米もちゃんと黄金色になるんですね。
私が訪れた時はまだ稲穂がほんのり紫でした。
タイムリーに良いお写真を拝見させていただきました。
ありがとうございます。
Posted by ちゃめちゃん at 2017年09月22日 14:28
こういうクイズ形式の記事、いいですね。
当たったら嬉しくなります。
ちなみに、先日のどんぐり村の展望台も当たりました!
Posted by くらうど at 2017年09月22日 23:07
やっぱりほんのちょっとの写真でズバットわかってしまうんですね。
恐れ入りました。
でも、これに懲りずにもっと難しいところ探してきます♪どこがいいかなぁww
Posted by とみしん at 2017年10月01日 11:44
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]