ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年09月23日

北アルプス標高3000mの立山へ 2

今夜の記事は、昨日からの続きです。
アルプス標高3000mの立山へ 1 


この日、山に来て、歩いたのか・・?
そう言われると、その場その場では多少は歩いたのかな??
まずは黒部ダムでトロリーバスを降りて、階段を220段も登って展望台へ。
さらにそこからダム堰堤まで階段を下って、ダムを渡りました。
黒部平駅では庭の散策を少々と、3階の展望デッキまで息が切れましたが、登りました。
大観峰駅でもロープウエイを降りた一階から屋上展望台までの70段ほどの階段を上っています。
都度息が多少切れたりしましたが、歩いたのはこれくらい。それだけでこの場所、標高2450mに広がる室堂平まで登ってくる?(連れてきてもらう)ことができます。

深田久弥さんの日本百名山に出てくる立山の話には、乗り物が整備され、園地化することに懸念を書かれていたように記憶していますが、こうして今、誰もがこの景色に出会えるようになった立山を見てもらいたかったなぁなんて思ったりしています。


みくりが池から立山を目指しましょう。

室堂から雄山へ

いい天気。予報通りの雲一つない青空に太陽が輝きます。
秋の太陽はジリジリしません。
整備された足元の道を約2時間登ることになります。

登山道というよりは遊歩道の正面にどっしりと立山があります。

室堂から雄山へ

まっすぐに進みながら一の越へと上がり、そこから台形の山の右肩を登って雄山に上がるコース。
時間があれば雄山から大汝、富士ノ折立まで周って歩いてくることができます。
また、立山と一口に言っても、立山という名前の山はありません。
この台形の山、雄山、大汝、富士ノ折立を立山と呼んでいます。

写真だけ見ると私が傾いているのか??
雄山が一番高く見えますが、大汝が最高峰の3015m
歩き出しが2450mとすると、標高差は565mです。

整備された道を進みながら、出会いたかった!!
これぞ本場の花

室堂から雄山へ

タテヤマアザミ
この立山の名前を冠する花です。
タテヤマリンドウやらタテヤマタンポポ、タテヤマウツボグサ、タテヤマチングルマ
アザミ以外は時期を過ぎてしまっていますから、アザミだけでも残っていたのは嬉しかったです。

室堂から雄山へ

登山道として整備されている道ですが、歩き始めは遊歩道でもいいんじゃないの?なんて思っていると、一の越に近づくにつれ、勾配が急になっていきます。
少しずつ山が近づいていく中、休憩も多くなりますね。
紅葉にはまだ少し早いですが、うっすらと茶色くなってきている山肌を見ながら登ります。

室堂から雄山へ

色が同化しているのでわかりづらいですが、写真の中央から左上に向かって残っていた雪。
登山道脇、一人登ってきている人が写っていますが、比べても分かるくらい大きな規模で残雪がありました。
山に来ると全てスケールが大きい。
それがまたいいんですけどね。

大きな景色に背中を押され、それでも息が切れてきたり、足が止まったり。
でものんびり進みましょう。石畳になっているので歩きやすいです。

室堂から雄山へ

道がつづら折りになると、そろそろ一の越が近くなった証拠。
秋めいた道を登りましょう。改めていい天気に感謝しながら登りました。

歩き始めたみくりが池を出発したのが10:20頃。
そして到着

室堂から雄山へ

一の越山荘です。
時計は11:15
コースタイム通りの約一時間。登ってきました。 標高2700mです。
石の壁が作られていますが、ここはまさに風の通り道。
一の越に近づくにつれて風が強くなりました。
帽子など飛ばされないようにしませんとね。
一の越にはチップ制のトイレもあります。


ここまでくると北アルプスの南部までが見えてくる展望ポイントになるんです。

室堂から雄山へ

雲が秋っぽい。
槍ヶ岳も見えています。
これでテンション上がります!!
山頂までは時間にしたらあと半分、距離にしたら1/4です。


いままで「いたわりの道」でしたが、ここから山頂までは山の本領発揮です。
ガラガラした道をほぼ直登。

室堂から雄山へ

標高差300m、直線距離で500mの登りです。

しんどいですが、いずれ山頂に着きます。だから落石、浮石に気をつけながら道を見つけて登っていくのみ。

室堂から雄山へ

岩を持ちますので、軍手でもなんでも手袋があると便利。
季節柄風が冷たいので、保温にもなりますしね。

室堂から雄山登山(立山)

鞍部に建つ一の越山荘が小さくなっていきます。
そして、ずっと見えていたのですが、歩き始めた室堂平が箱庭のように見えています。
中央にある青い池の左側、大きいのがみくりが池。

室堂から雄山登山(立山)

みくりが池の左やや上に大きな建物があるのが室堂駅です。
遠くには富山市街も見えていて、歩いて一時間少々でこんな景色に出会えるなんてすごいなぁと改めて感じたりして。
高山特有の景色の中、山頂を目指します。

室堂から雄山登山(立山)

山頂の雄山神社の建物が少しずつ大きく近づきます。
あとちょい、あとちょい、だましだましという言い方でもありませんが、近づいてくる山頂のことを考えて、行けば白馬岳見えるよね?と期待で自ら奮って・・・・と書きましたが、ペースはだいぶゆっくりです。登ります。

山頂近くまで登ってくると、山々の展望が素晴らしい!!

室堂から雄山登山(立山)

思わず山の名前が口から出てきてしまうほど。
天気にありがとう!!

山の名前入れてみました。

室堂から雄山登山(立山)

さぁ、最後の登り
うんしょ、うんしょ

室堂から雄山登山(立山)

暑さは感じませんので、汗をかくほどでもなく、風が強いということもありましたが、登って登って

山頂、雄山の三角点2992m

室堂から雄山登山(立山)

時計は12:25を指していました。
一の越からやはり一時間

室堂から雄山登山(立山)

雄山山頂です。
久しぶりに来ましたが、変わりませんね。当たり前ですが。

立山から見る後立山連峰
黒部ダムの方角です。

室堂から雄山登山(立山)

御前沢の氷河が残り、その奥に針の木、蓮華、赤沢、左側に爺ヶ岳
種池山荘も肉眼で赤く見えていましたっけ。

この景色を見ながら持ってきたおにぎりを一つ。
登り始める前におそばを食べたので、あまりおなかもすいていません。

室堂から雄山登山(立山)

今回この雄山の山頂3000mには入りませんでした。
12年前に訪れたときには神主さんが喫煙をされていて、なんだか違和感を感じたのを覚えています。
またいつか、誰かと一緒に来ることがあれば、山頂まで入らせてもらおう。
・・・残念ながら今のところ予定はありませんが、勝手にそう思って入口で引き返しました。


雄山山頂

こんな風に山頂の社務所、ここではお守りなどの販売もあります。
お手洗いもありますので、困るようなことはないでしょう。


と、本当は今回の記事2で終わりにしようと思っていたのですが、時間の都合と写真枚数が多くなってしまったので、すみません。もう一日だけお付き合いくださいませ。

長くなってすみません・・・・。


とみしん


アルプス標高3000mの立山へ 1 >>
アルプス標高3000mの立山を歩いて 3 >>

23:58 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]