ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年09月30日

たまちゃん快晴のロングトレッキング五竜2

タイトルにトレッキングと書きましたが、いやいや、登山ではないかとのご意見をいただきまして、私も明確に使い分けてるわけではありませんが、確かに登山というほうがしっくりくるように思います。

日の出の前から、リフトの前から歩き出したたまちゃん。
唐松岳への分岐まで登ってきました。

秋の八方尾根

この写真、昨日の記事の中で紹介させていただくべき一枚でした。
八方池山荘付近を通過して間もなく、低く立ち込める雲海と、白馬三山。
こんな一枚も撮っていたようです。


さて、唐松岳付近まで登ってきて、時計はまだ8時です。
とはいえ、今回の目的は唐松岳ではありません。
ここから牛首、大黒岳、白岳と歩いて五竜岳まで稜線を歩きます。

その牛首を通りながらちょっとびっくりしたようです。
こんなに鎖場だったっけ??
と。

ナイフの背とまでは言わないにしても、切り立っていて高度感がある場所、鎖を伝う足場のせまい下り。よっこいしょと、岩をまたぐようなところが出てきて、こんなところ??
と思いつつ、安全に下ったようです。
この日は天気がいいことが逆に高度感を感じさせる結果を招きました。
ガスで真っ白だったら、仮に落っこちたらどこまで落ちるのか、どれくらい高いか、そう言った視覚的な情報が入りませんので、晴れているとよりスリルが増します。

唐松稜線から五竜へ

一歩ずつ下っていきますが、最中はずっと右手から剣岳に見られているようでした。
岩の殿堂とはよく言ったものだ。
格好いいと認めるわ。

さすがのたまちゃんも牛首通過は慎重になって、八方尾根の分岐から下って約一時間
大黒岳のケルンまで降りました。

唐松稜線から五竜へ

が、ここからが案外長いんです。
歩きやすい道に変わりますが、一つ二つ、三つくらい丘を越えて行かないとなりません。
唐松からだいぶ下ってきた分、また登らないといけないんですが、地味に疲れる登りです。

風が西から吹いている中、それでも一時間もかからずに(早いです)白岳のすぐ下に見える五竜山荘へと到着しました。

唐松稜線から五竜へ

時計は9時45分のことです。一般的にはもう一時間くらい必要だと思ってください。
早い時間から歩き始めたこともあって、少し休憩。

そして山荘から登ります。
最初は普通に登りますが、一部「よじ登る」ような場所もあったりして、牛首通過もそうでしたが、最後の五竜岳アタックといい、白馬三山周辺では味わえない、ちょっとしたスリルを感じられる登りです。
・・・そう言えば、最近はアタックとあまり言わなくなりましたね。
なんでも、山とは勝負したり、戦ったりするものではなく、楽しむもの?とかいう考え方があるそうで、それが時代なのかわかりませんが、初めて聞いたときには、草食系な気がしました・・・。偉そうにすみません。今はいろんな考え方があっていいのかなと思っています。

唐松稜線から五竜へ

朝、白馬村の上空に立ち込めていたガスの雲は、気が付けばだいぶ上がってきました。
夏を思わせる雲です。

鹿島槍がかつてないほどに近くなって来ている中で一枚
荒涼とした登山道を一人登るたまちゃんです。


そして、11時
登頂

山頂にオジサンがいて、とーーーってもうらやましかったのは、その方は五竜山荘に泊るんだそうで、「ぼくはいくらでも時間があるから」って言って、シャッターを押してくださったのは嬉しいんですが、一方で私は帰らなきゃならないでしょう?この日は朝5時から歩いて山頂まで6時間だから、今から戻ったとして、同じ時間がかかると仮定すると、現在11時+所要6時間で歩き終わるの17時じゃないですか。
だから自分には山頂にいる時間はあまりないんだなって思って、そうしたら羨ましい・・・って思ったんです。

唐松稜線から五竜へ

でもシャッターを快く押してくださって(実際にはこの写真以外にも鹿島槍をバックにしたのと、白馬岳側をバックにしたのも押してくださいました)ありがとうございました。
そのおじさん、ちょっとだけ画角に入りましたが、五竜岳 2814m山頂からのぐるっとカメラを回してみましたのよ。
動画でどうぞ


https://youtu.be/C7qxIl_U0kg

登頂を達成する喜びをかみしめつつ、泊っていくというお父さんを羨みつつ、往路と同じ道を戻ります。

色づきをカメラに収めながら

唐松稜線から五竜へ

唐松稜線から五竜へ

目で見ると、もっときれいだったそうです。
実際の景色はカメラでは完全には再現するのは難しいですものね。
と割り切って歩きます。

本当にずっと見えていて励まされたという剣岳と立山

唐松稜線から五竜へ

目線の高さに見えるのがウレシイ。
なんてったってリフトを使わず歩いてきましたから。

唐松稜線から五竜へ

午後になりガスが立ち込めてきました。
岩で歩きづらそうな箇所もありましたが、帰りは頭の中におおよそインプットされていたので、自分の中での予定通りに戻ることができたそう。

残念だったのは、唐松岳も登っていこうと思っていたのですが、唐松まで戻ってくる頃になると、唐松岳がガスで真っ白になってしまっていたこと。
少し待ってみましたが、状況は変わる様子もなく。
残念と書きましたが、これだけ朝からステキな景色を見られたんだから、と、それ以上の欲は出さないと決めたたまちゃん。
危うく唐松岳頂上山荘の生ビールに手が出そうになりましたが、そうだった、まだこれから下山して、車を運転するんだったわ、と思い起こし、帰路へとつきました。

八方池に戻ってくると15時をまわったところ。

秋の八方尾根

これなら後の帰りも余裕だわということになりましたが、残念ながら朝の様子とは大違い。
こちらもガスで周りは白い、ある意味この夏に見てきた、今年一番多かった景色??になっていました。


無事に15時55分グラードクワッドリフト乗車、黒菱平へ下ります。
朝ここでモルゲンロートを見たんだっけ。
一度雲に隠れた白馬三山でしたが、この黒菱平に降りてくると、一日の登山をねぎらってくれるかのように、突然姿を見せてくれました。

秋の八方尾根

山の神様が見ていてくれたように思えて、無事にこうして一日歩けたことを感謝しました。

八方尾根を歩いたのに、危うく忘れそうになった、山の上からの白馬村定番ショット!!
たまちゃん、これがないと始まらないよね??

秋の八方尾根

稲刈りの季節、白馬村には黄金色の景色が広がっています。
行ってきたんだな、五竜岳。
もっと紅葉が進んでいたら、遠見尾根から行っても良かったのかも??


でも、記憶を思い起こせば最高の景色の中、最後までこうして山が顔を見せてくれて、本当に良かった。歩いてよかった。そう思えた五竜岳でした。


余談ですが、翌朝
自宅から会社に向かう途中で一枚

秋の八方尾根

右側が八方尾根、そしてみぎの薄茶色になっているところが扇の雪渓、雲が出ている稜線が牛首、そして鞍部にちょこっと「山」という文字のように盛り上がっているところが大黒岳。左にどっしりあるのが五竜
これを歩いたんだな・・・。

人の小ささと山の大きさ、景色の、自然の大きさを改めて感じられたたまちゃんの一日でした。



写真 たまちゃん
文 とみしん
22:54 | Comment(1)
この記事へのコメント
もうあきれ返って言葉も出ません・・・
たまちゃんの食事? もちろん“ 霞 ” でしょう ! !
これでケロッと夜ダイニングの仕事こなしているんでしょうねぇ〜


Posted by 彩盗爺 at 2017年10月02日 11:47
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]