ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年10月26日

車を走らせ雪と紅葉を見よう

たまちゃんが鎌池に行ったという台風一過の24日
同じころ、私とみしんは車でずるをしていました。


この日は22日に雨で中止となった白馬大雪渓トレッキングのスタート地点、猿倉の紅葉の様子を見に行こうと思っていたんです。
下見で歩いた19日が濃霧のため、紅葉の様子を見ることができなかったということもあって、そう思っていたのですが、猿倉に行くついでに・・・

そう思って、猿倉に行く前に、黒菱林道へと入ってみました。
林道を登っていくと、北尾根高原あたりで紅葉がピークを迎えます。
ハンドルを持っていたので車窓からの紅葉の様子は撮ることができませんでしたが、それはそれは、きれいなものでした。

黒菱林道・北尾根の紅葉

林道の途中で車を止めて白くなったアルプスを撮ってみました。
この日の朝は雲もほとんどなかったのですが、少しずつ雲が広がってきています。

また、もう少し登った先のカーブの場所からこんな風に展望が開けるポイントがあるんです。
(車窓からでは見えないので、車を広い場所に停めて少しだけ歩きます)

黒菱林道・北尾根の紅葉

まばらな雲で、まばらな影ができていましたが、雪と紅葉との景色がステキでした
この日ももっと早い時間だったら、雲が少なく、青空が広がっていた時間帯でしたので、きっともっときれいだったでしょう。
でもいいんです、私にとってはこれはこれで、充分キレイでした。


下りながら黒菱林道の途中に車を止めて北尾根高原を少し上から眺めてみました。

黒菱林道・北尾根の紅葉

うす曇りになってしまっていて、もっと日光がさしていたらより色が鮮やかだったと思いますが、タイミングが合わず、でも北尾根が今キレイです。

北尾根行のリフトあたりから上を見上げても逆光気味でしたが、こんなふうに紅葉の中をリフトに乗って散歩できるわけです。

黒菱林道・北尾根の紅葉

今は北尾根高原へリフトにのって登ってみるもよし、車で紅葉を眺めながら走ってみるも良しです。


時計はお昼くらいになっていましたが、そのまま猿倉に上がってみました。
駐車場に停めて、その一番奥まで行ってみます。

猿倉の紅葉

正面に大きな白馬岳が見えていて、砂防ダムがあって、紅葉はピークを過ぎた感はありましたが、まだかろうじて楽しめます。
ただ、山が真っ白に光っていて、山にあわせると紅葉が暗くなりますし、紅葉にあわせると山が白く飛びますし、これは私の至らぬカメラの技術の問題ですね。

陽がさすとこんなふうに猿倉は黄色メインですが、豪華です。

猿倉の紅葉

ゴールド??
今猿倉の駐車場辺りから、ちょっと下にかけてが紅葉がきれい

猿倉の紅葉

偶然写真家の恩田先生がここに写真を撮りに来ていまして、今度会ったらどんな写真を撮られたのか見せてもらいたいです。

帰ろうとして車を動かしてからふと思って、駐車場の入口側でもう一度止まりました。
もしかしたらこっちの駐車場入り口(山から少し離れる)の方が手前の砂防ダムが入らなくなるかな??
と思って一枚撮ってみました。

猿倉の紅葉

左側に大きな岩があって、少し山が隠れますが、うーん、構図のような難しいことはわかりませんが、個人的にはこっちのほうが紅葉と山っぽくって好き。
偶然かな、山の雲が晴れてきて、青空も広がってきてくれました。


秋の猿倉、山が白くなったからというのもありますが、車でこの景色が楽しめるのは貴重です。かといって他に何があるわけでもありませんが、この山を近くで感じられる場所としては、お勧めしたいです。
何よりも、人がほとんどいない穴場のような場所です。
これと言って休憩所があったりするわけでも何かあったかいものの販売もない場所ですが、足が悪い方もちょっと細い道の運転はありますが、車かタクシーで行くことができますので、天気が良くって山が良く見えている日でしたら、行ってみてはいかがでしょうか??

八方交差点から白馬岳へは一本道です。



https://goo.gl/maps/AWkEJxrr4FS2

※冬季通行止めとなります



とみしん

23:57 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]