ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年10月30日

秋晴れの浅間隠山登山 byたまちゃん

予想通り、台風の通過からの低気圧合併?で冬型となった今日。
白馬も夕方にかけて外気温が下がり、アメダスでは最低気温17時から20時で4度台が続きました。
山の上では雪が降っているということです。
寒気も明日からはまた北上するような予想になっていますので、雪もこれでやみ、さぁ、見えるのはいつか、明日か、明後日か??
山の姿が楽しみです。

先のことは置いときまして、たまちゃんが「また」出かけて写真を撮ってきてくれました。
今回ご紹介する「浅間隠山」は、ほんっっっっとうにきれいだった。
もう、もう、もう、山が好きな方には「ぜひ、ぜひ、ぜひ」おススメしたい。
そう力強く語ってくれました。

それでは日付は3日ほどさかのぼって、10月27日、テレビでプロ野球のドラフトで清宮選手らの話題が取り上げられていた頃です。
当日のたまちゃんと一緒に、レッツ、クライミーン!!



そもそも浅間隠山がどこにあるかというと長野県ではなくって群馬県です。



実はたまちゃんのおうちが軽井沢にありまして、だから「そっちの家」にいるときは、この辺りはたまに通ることがあるんだそうです。

登山口を目指しますが、登山口近くに眺望のいい峠があります。
二度上峠です。

浅間隠山登山

峠からの眺めも実は素晴らしいんです。
つい先日に白い帽子をかぶったばかりの浅間山を望みます。
右の端っこの奥に白い山が遠くにうっすら見えていたら、あれが北アルプス(のはず)です。

そして、反対側にはこの凸凹はわかりますね、水沢うどん、伊香保温泉のある山、榛名山です。

浅間隠山登山

登らない方は車でこの峠までくると、この景色を楽しむことができますよ!!


カーブの途中に駐車場のような場所があり、秋晴れのこの日
登りだしたのは10:15

浅間隠山登山

ここが道路わきにある登山口です。

沢に沿って一本道。
クマ出没注意??
大丈夫、たまちゃん熊よりも早いからw

なんてこともありませんが、鈴持って登りましょう。

急登と書かれた表示があったりしましたが、天気も良く、紅葉もいい具合になっていたこともあって、そして夏ほど暑くない。
これが幸いし、どんどんどんどん登っちゃいました。

浅間隠山登山

途中での眺望はほぼありません。
でも、秋は空が青く感じるとき。

これなんかちょっと面白いでしょう??

浅間隠山登山

ほら、左右色違いの紅葉
橙色と黄色
面白いと思って撮っちゃった。

夏ほど力強い光線ではありませんが、紅葉した葉に直射日光が当たると、まぶしいくらいの色を発します。
画面に日差しが差し込んでよく見えてなかったけど、これなんかとってもきれいだった―

浅間隠山登山

真っ黄っ黄
周りの木々が先日の台風の影響か葉を落としているものが多かったようですが、その分日差しが入るようになっていて、色が眩しいくらいだったの。
とたまちゃん

それもあって、疲れる前に山頂まで登ってしまいました。
時計を見ると11時を少し回ったくらい。

コースタイム90分ですが、かかった時間は45分
雲に乗ったように、けろっと登るところが・・・一つの目安としてくださいね。

浅間隠山登山

山頂までくると、遠くの山まで見えるようになり、それはいい景色が堪能できます。
峠付近から見えていた榛名山がだいぶ下に見えるようになりました。
その奥には上州赤城に、真ん中に二つ重なるように小野子山、子持山、これは関東で仕事をしている添乗員さんやらバスガイドさんはみんな知っていますw
・・・その奥には日光男体山やら日光白根が見えているんですって。
そんなに見えちゃうんですね。

そんな素晴らしい景色のなかで、登ってらっしゃった方に写真を撮ってもらいました。

浅間隠山登山

イエィ
たまちゃん相変わらず身軽なこと。
バックは大好きな浅間山です。
登山者の方に聞いたら、この山があるから、群馬県側からは浅間山が良く見えない、だから浅間隠なんだと聞いて、へぇと、納得。勉強になりました。と申しております。

浅間隠山登山

少しモヤがかすんでいましたが、この山、わかる方にはわかりますね。
ギザギザののこぎりのような形の山です。
妙義山
この左側にまれに富士山も見えるんだそうです。
今回は見ることができませんでしたが、ここまで四方を見渡せると思っていなかったようで、感激しました。
特にこの妙義山の形がインパクトがありました。

浅間隠山登山

山頂には展望版が置かれていて、それを見ていると、槍ヶ岳に剣岳!?
この間登った至仏山に八ヶ岳、筑波山!?
すごい!!
嬉しくなるような眺めを楽しませてもらいました。

また、実際にはもっと赤が目立ってたんたのよね。
秋を感じる山肌の紅葉の写真です。

浅間隠山登山


北側の眺めもいい具合。苗場山が写っている??かどうか、すみません、山座同定できません・・・。

浅間隠山登山

浅間隠山、標高1757mへ登りました。
本当に絶景・・・・。

浅間隠山登山

これが何よりのご褒美だったようです。


改めて、山頂から眺める浅間山の雄大な景色。
手前のゴルフ場はもったいない気もします。

浅間隠山登山

左側にうっすらと蓼科山
逆光になってしまいましたが、マユミの実だけがぶら下がっていて、これはこれで思わずシャッター押したくなる眺めでした。
浅間隠山登山


同じ道を下山します。
登ってきたときとは日の当たり方も変わってきていて、でも相変わらず逆光の紅葉がきれいです。
黄色に赤が混じり、とっても贅沢な色を楽しみました。

浅間隠山登山

午前中よりも午後の方がカラマツも紅葉してきた!?!?
太さも同じなので植林されたものだと思いますが、黄色に色づくときれいですね。

浅間隠山登山

登山道ではカラマツやモミジの紅葉を、山頂からは360度、それ以上見えたから365度にしましょう!山また山の眺めを存分に楽しむことができるいい山でした。

浅間隠山登山

今回浅間隠に登りましたが、この南側に鼻曲山という山があるそうです。
片道2時間が標準時間だそう。
今年いけるかわかりませんが、またどこかで機会を見つけて登ってみたいな。
レンゲショウマが咲くんだそうで、その頃でもいいのかな。
アルプスのような本当に高い山もそれはそれで楽しいですが、こんな小さな身近で、知らない人もいるような山がもつパワーというか、ポテンシャルを感じました。

というたまちゃん。
みなさまのおすすめの山、今度来た時に教えてくださいましね。
そう話していました。



写真 たまちゃん
文 とみしん
23:51 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]