ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2017年11月07日

大出の吊橋で楽しむ紅葉風景

良く晴れた冷えた朝でした。
と言っても、そんなに早く起きたわけではありません。
明るくなる時間が6:20頃となり、いよいよ冬の足音が遠くの方から聞こえてきているように思います。

今朝は出勤前に大出の吊橋に寄り道をしてきました。今の様子をお届けします。

大出のつり橋の朝

陽は登って8時30分過ぎでしたが、日陰では弱い霜が降りていて、手で触ると冷たくって気持ちが良いいです。ただ、二度目は冷たい!と感じますが・・。
今朝は駐車場も賑わっていました。

いい朝です。
まだ完全に日が差し込んでいませんで、陰影のある景色が見られました。
大きなカメラを持った方も数名いらっしゃいました。
「こんな時はどうやって撮ったらいいでしょう??」
聞きたいですが、聞けませんね。


カメラ任せでシャッターを切ったものなので、お手柔らかに見てくださいね(笑)
その中でも比較的よく撮れたかな??そんなものを紹介します。
これが定番、大出の吊橋風景
今朝の様子です。

大出のつり橋の朝

積もった雪が少なくなってきていますね。
このまま雪が消えるなんてことにはならないでほしいですが・・・・。
こうしてみると、まだ大出の紅葉はピーク手前のように思えます。


ただ、少しアップで撮ってみると雰囲気が変わります

大出のつり橋の朝

逆光モードになったので、少し明るくなりました。
吊橋の左のカエデが赤く色づいていましたよ。


そして展望台へも登ってみました。

大出のつり橋の朝

春からは手前の影が無くなるのですが、秋冬は影が強くって、写真ではどうなんでしょう??

ここに来ると白馬村の季節が感じられるような気がします。
ホテルからもそうですが、少しだけ高い場所からの白馬の景色に自分が見慣れているからかもしれませんが、この場所が好きです。


吊橋の方へと移動しようと思いながら
来年はいつ見ごろを迎えるでしょうか??
大出の枝垂桜

大出のつり橋の朝

GWと考えると、今からまる半年後ということになります。春はまだまだ先・・・。
これから冬ですからね。


吊橋から展望台側に視線を移すと、カラマツが黄色くなってきていて、私の中では上高地のような景色に思えました。

大出のつり橋の朝

ちょうど朝日が差し込んできている時間帯でした。
そうそう、吊橋を渡った先にあるカッパ亭では冬支度か、水車が外されていました。
寒さに耐えて、ムラサキシキブがいい色になっています。

大出のつり橋の朝

このまま雪に埋もれるのかな。
そんなことを考えながら・・・。

一軒残る茅葺の民家もよそ様宅の色づいた葉っぱ、ヤマボウシ??と一緒に
田舎の秋です。

大出のつり橋の朝

色づいているかと言われると、それなりに見ごろにはなってきているように思います。
最初の大出の吊橋の脇で赤くなっていたカエデも近くで見たら、と言いますか、駐車場に戻ろうとして見てみると、逆光な感じがとてもきれいでした。
スゴイ赤
本当にそう思えるような色でした。

大出のつり橋の朝

・・・今朝のちょっとした時間でしたが、天気を見て寄り道していきましょう。
ホテル主催で4月から実施してきたの朝のおさんぽも、今は出発時間を少し遅らせて6:30としています。
ただ、来週あたりで今シーズンのおさんぽも寒くなりますし、終了です。

季節は止まることなく進んでいます。
秋の色づきを、景色を、ぜひ見にいらしてください。


とみしん
23:59 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]