ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年01月18日

大糸線に乗ってみよう(信濃大町駅へ)

白馬から大町、駅で言うと信濃大町駅までは約30分の距離です。
ただ、JR大糸線は単線のため、途中の駅で通過待ちなどの時間調整での停車があります。

30分なんてわずかなものです。
座れないほど混んでいるわけではありませんから、景色を眺めながら過ごすもよし、本を読んだり、相手がいるなら旅の思い出を話すのもいいでしょう。

そんな中で私だけ??
電車の中で右のドアに貼り付いてみたり、左の窓ガラスに寄ってみたり。。。異質といえば異質だったのかもしれませんね。

いいんです、気にしません。
天気も良かったので!!


とはいえども、一人でしたし、タイミング的にも?ちょっとその行動も気にして、南神城駅からはしばしの間は進行方向右側、西側の景色に集中することにしました。
えぇ、天気がいい日は安曇野までの間は右側のアルプスが眺められる側がいいのかなぁ。なんて思ったりしています。
とはいえ、それほど回数乗ったことが無いんですけどね。


南神城を過ぎると、ほどなくで右手にスキー場が見えてきます。
案外一瞬で通り過ぎてしまったのですが

JR大糸線

さのさかスキー場
白馬でもっとも南の大町市との境に位置するスキー場です。
天気も良く、スキーにもいい日よりでしたが、ご覧ください、この空いているさま。
スキー場にとってはあまりいいことではないかもしれませんが、滑る方にとっては、自由自在に滑れますし、他人との衝突もあまりなさそうですし。
そんな意味では穴場のゲレンデ。
一日たっぷり滑らなくっても、のんびり半日滑るってのでもいいんじゃないですか??


スキー場を過ぎると、ほどなくでトンネルに入り、白馬村とはお別れ。
ようこそ大町市へとなります。

市街地が広がるまでの間は、右側に湖が見えてきます。
仁科三湖と呼ばれています通り、三つの湖があります。
車窓からだとわかりづらいところもありますが、探してみてくださいね。

まずは写真を撮るのにずーーーーっと電線が邪魔するのですが、青木湖です。

JR大糸線

何年かに一度、全面結氷するのですが、そんなのを見たのはいつでしたっけ??
一度だけ凍っていて白くなっているのを見たような気がしますが、いつのこと?
と言われると、だいぶ前。としか覚えていません。

この奥に青木湖スキー場、鹿島槍スキー場が並んでいます。
また、今は駅が無くなってしまいましたが、ここにヤナバスキー場前という冬の間だけの駅がありました。
このヤナバも営業をやめてしまい、それに伴って駅も役目を終えたのでしょう。

電線、なんとかならないものですかね。
車窓から写真を撮る人がどれだけいるのかわかりませんが、今回少し気になりました。
だって、ずっと並行して線が見えるのですもの。
仕方ないと言えば仕方ないのかもしれませんが。

二つめの湖はこの時期わかりづらいです。
簗場駅に到着するときに右側を見ていると、雪の原のような景色が見えていることに気づくかもしれません。

JR大糸線

この雪の原が二番目の湖、中綱湖です。
三湖の中で一番小さいこともあって、凍ります。
ワカサギ釣りなんかができるそう。

どれくらい凍っているのでしょう??
人が乗れるくらいの厚さになっているのかどうか、この景色って国道を運転していると見えないんですよね。
旧道を走るか、こうして車窓から眺めるしかできない湖です。

そして、三番目の湖は二つ駅があるのと、大きな湖。
木崎湖です。

JR大糸線

晴れ間が広がってきていて、景色も広くなるので好きな場所です。
木崎まで来ると、ほどなく信濃大町。
この電車だと終点で、大町駅で乗換となります。

JR大糸線

ホームの向かいの電車に乗り継ぎなので大したものでもありませんが、私、気にしていなかったんですが、時計が写っているのを見てびっくりしました。
11:15

白馬から50分もかかっているではありませんか!!
途中の簗場駅あたりと、もう一つ時間調整で停車をしていましたが、あらら
30分ほどという印象がありましたが、もう少しかかっていましたね。

それでよくわかりました!!
何がって、またあとで出てきますw

JR大糸線

大町駅は自動改札です。
駅が新しくなりまして、この佇まいは好きです。

無事に大町についたので、停めてある車を取りに行こうとして、ふと気が付きました。
なんだか軽くお腹が空いている。。。。
なんだろう、そして駅でいい匂いがしていました。


この時はなんでお腹が空いていたかわからなかったのですが、時計を見ていなかったんです。
もうお昼が近い時間じゃないですかね。

JR大糸線

大町駅の改札脇にある立ち食いソバにお邪魔しました。
カタクリの花だそうです。

そばは二種類。
普通のタイプ、冷凍と、特上と書かれた生そば
迷います。

長野駅東口にも同じような冷凍のそばと、特上と書いた生そばを出すお店があるのですが、こちらでも悩みます。


悩んで注文したのが

JR大糸線

ビジュアルがきれいじゃありませんが、特上葉わさびそば月見のせ
電車の中では気づきませんでしたが、さすがに外に出ると寒いものです。
あったかいおそばをいただけば、体の中も熱くなりますよw

JR大糸線

生そばです。
って、写真ではわかりません。
生だからかちょっと粉っぽさを感じなくもありませんでしたが、おなかが空いていたのとベストマッチ。つるりといただきました。

次回は冷凍のにします。
葉わさびも次回は違うのにしてみましょう。いつ行くかは未定ですが。
食べながら思いましたが、次回は山菜ときのこのせにしてみようかな。

食べながらふと顔を上げると貼られていたシール

JR大糸線

ここ、大町市は水源によって、男清水と女清水とあります。
こんな風に貼ってあるのはしりませんでした。
駅そばは女清水なんですねー。


お腹も満たして車へと無事につきました。
短い時間ではありましたが、しばしの列車旅、楽しかったです。


景色を楽しみながらの列車旅、少しずつ変わる景色がいいですね。
寝る暇がないくらいの時間でした。




とみしん


23:59 | Comment(0)
このカテゴリ【白馬以外の観光地、イベント】からの最近4件
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]