ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年02月07日

人工知能によるお問い合わせ応答

インターネット上にある旅行サイト、じゃらんや楽天トラベルは有名ですが、それらのサイト運営をされている方が、この数年の中で、AIを活かしたなんちゃら??をすすめて行く。という話をしていました。

どこかのWEBサイトを開くと、お問い合わせで「対話形式」のページ、チャットと書いたほうがわかりやすいかもしれませんが、そんなページを見たことがありませんでしょうか??

一部のホテルのお問い合わせページでも、そんなシステムを使っているところがあります。
もう見たことがあるという方もいらっしゃいますか??

私の中で、ホームページの問い合わせページで人工知能がお答えします。
・・・というやり方はどうなんだろうと、ちょっと懐疑的な思いでした。
せっかく問い合わせをしてくださったのに、人工知能、AIにちゃんとした答えが出せるのだろうか。
機械的な応答は、お客様に対してよろしくないんじゃないか??
という印象があったからです。

そんな中、白馬ハイランドホテルにもAIによる自動応答のシステムを入れてみないかというセールスがありました。
最初は、NO!!と思いましたが、AIを販売に来たセールスマンの話だと、人による問い合わせ応答と、AIによる自動応答を併用することで、より幅の広い方への対応ができるのでは。
という話ももらいました。

なるほどなるほど。
AIか人か、どっちかだけにするのではなくって、両方使ってみるのも検討してもいいのかもしれません。
では、実際に使っているホテルさんはどうなのかな??
ということで、他社さんのページですが紹介します。
まずは同じ県内でバイキングが人気のホテルです。
蓼科グランドホテル滝の湯さん
https://www.takinoyu.co.jp/

ページの下に「人工知能が・・・」というボタンがありますよね。
その先に進むと、質問を入力する画面が出てきます。

AI自動応答

諏訪湖畔に滝の湯と同じAIのシステムを導入しているホテルがあったので、両方のホテルに対して、同じ質問を出してみました。
「おすすめの飲食店はありますか」

飲食店は、お昼とも夜とも、季節も今とも何にも書かずに入れてみましたが、それに対してこんな返答がありましたよ。

AI自動応答

なるほど、ホテルがある位置が違うので当たり前ですが、施設によって回答には差があります。
ただ、このサービスはこの一か月二か月で始まったばかりのよう。
AIは使えば使うほど賢くなっていくんだそうで、その学習スピードがどの程度なのかはわかりませんが、一年二年と使えば、回答できる精度ももっと上がることでしょう。


また、もう一社、ロボット、人工知能とホテル・・・といえばこちら??
今全国に店舗が増えていますが、「変なホテル」
こちらのサイトにも似て異なるAIお問い合わせシステムが出ていました。

AI自動応答

変なホテルのラグーナテンボスのページ
全ページの右下にアイコンが出て、それをクリックすると、AIに質問ができます。
こちらは、外国語に対応していますね。

実は、滝の湯で使用しているシステム、変なホテルで使用しているシステム、この両方のAIシステムの会社からセールスがありました。お試しも兼ねて、どちらか試してみようかなと思っています。

でも、これ、罠がありまして、使えば使うほど賢くなるということは、途中でやめるのが、もったいなくなるわけです。
月々の利用料金はおおむね一緒。

変なホテルで使用しているAIのシステムは、外国語に対応していることが特徴的。
そして、AIがわからない質問に対しては、専門のオペレーターが裏側にいるようで、人による対応をしてくれるんだそうです。
ただし、ちょっと時間がかかります。

例えばこんな具合でした。
変なホテルでお試し
http://www.h-n-h.jp/

質問は、「部屋に金庫はありますか」です。
19:52にオペレーターに繋ぎますと返事が来て、今回たまたまかもしれませんが、オペレーターによるお返事が20:21に来ました。

AI自動応答

普段はもっと早い回答が来ます。今回たまたま遅かったのかな。
今は問合せだけですが、この会社では将来的には、この問合せチャットから、ホテルの宿泊予約までとれるようになるんだそう。


ただ、利用開始直後の正確さ、精度でいうと、滝の湯で使用しているシステムの方が若干高い気がします。
そもそも、変なホテルで使用しているシステムでは、最初に登録しておく回答の数は30問程度なんだそうですが、大して滝の湯で使用しているシステムだと、240問ほどの回答を最初に登録しておくので、それだけ対応ができるということです。

ただ、滝の湯のシステムは外国語への対応はしていない、わからないものはホテルへ問い合わせてくださいで終了する。将来もここから予約がとれるようにはならない。(今のとこ)
ということでした。

ちなみに、AIに質問した内容は、ホテル側で記録として呼び出せるようになっています。でも、相手が誰だったかという特定までは、その場ではできないと説明を受けています。


どちらかを導入するとしたら、どちらがいいでしょう??
セールスマンの話を聞いていて、なるほどなと思ったのは、両社同じことを言っていたのですが、ホテルに対しての質問は70%くらいが同じ内容なんですって。
確かにそうかなと。


みなさま、変なお願いですが、もしもお時間がありましたら、それぞれ実際に質問をしてみていただいて、どうだったか感想をお寄せください!!
ボランティアで協力していただける方、いらっしゃいましたらお願いしますww

・滝の湯のAIページ
https://trip-ai.jp/lp/302508/?route_cd=yado

・変なホテルのページ(ラグーナテンボス)
https://www.hennnahotel.com/lagunatenbosch/


変な記事
とみしん
23:51 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]