ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年03月02日

2月終わりの八方尾根スキー場より

あらら。。。。いつの間にか、ブログ記事が4000を越して、4007記事目??
となっていました。まだまだ続けますよー

3月の声を聞くとともに、荒天続きの白馬村
今日はリフトが止まるほどの暴風がスキー場上部を襲ったようですが、春一番??
明日はこれまた気温がぐっと上がるんだそうで、本当に外に出ると春を感じるといいますか、まだまだ滑れる季節とは言え、3月はしっかりとやってきているわけです。


一週間ほど前になりますが、2月終わり、真っ白い八方尾根スキー場で滑ってきたよーと、写真をくださったのは、彩盗爺さんです。
でも、写真を見させてもらって、最初からびっくりしました!!

これです。

八方尾根スキー場

って、考えてみれば当たり前なのですが、去年までは最初の一枚は、大抵ゴンドラの中からのものが多く、そうだ、今年から名木山がシャトルバスの出入り口になったんですものね。
名木山のダブルペアリフトが一枚目に来るのは、考えれば至極当然のこととはいえ、実際に写真で見て、「あぁ、変わったんだ」と感じました。

このペアリフトは長くありません。
このリフトを降りて、もう一本、本日大会が開かれていた名の通りのリーゼンスラロームに沿って登るリフトを乗り継げば、標高1400mまで登ることができるわけです。

八方尾根スキー場

この日は薄曇り
ではありましたが、山は見えています。
これはアルペンクワッドを登ってからのうさぎのコブの脇あたりからでしょうか。
四季を通じてシンボルである、白馬三山
きっと本物はさぞかし大きく見られたことでしょう。

白い景色の中にも浮かび上がる山々
こちらの岩の塊はまぎれもなく、五竜の山です。

八方尾根スキー場
空の境が、山の境が、わかりませんが、堂々とした様が五竜の象徴
白と黒が作る独特な世界です。

・・・もしかしたら現実はとっても寒かったのかも??
この一枚をとったであろう場所が、八方尾根の最上部にあるリフト、グラードクワッドからでしょうか。
夏の景色は見慣れていますが、冬は白さがいつも違うように感じませんか??

八方尾根スキー場


八方尾根スキー場

八方池山荘付近から見る迫力のあるアルプスの景色
いいですねー。
雲が山を隠してしまいそうになりながらも、景色はしっかりと見えていた様子。
反対側の、東の山々もこんな風に雲の上に出ていたんですね。

八方尾根スキー場

妙高に乙妻高妻を正面に望みます。
なんとも言えず立木も相まって独特な景色を作っています。


彩盗爺さんいわく、真っ白しろでコースも景色も見えにくかったと話していたそうですが、写真だけ見ていると、いい雰囲気の中で滑ったのかなーなんて思っていました。
白馬村がはるか、はるか眼下にある、標高1800m付近までリフトで登ることができる八方尾根スキー場。
実際に滑ってみると、そのワイドさや難しさに、一筋縄ではいかない面白さを持っているゲレンデです。
私なんかうまくないので、コテンパンにやられてしまいますけど・・・。


トップからぐーーと、標高差1000mを下ってふもとへ

八方尾根スキー場

国際ゲレンデ
空いてますね。

白い八方

八方尾根スキー場

パノラマゲレンデ脇の国際第3・・・・でしょうか
どこがゲレンデなのか、境なのか、滑りながらの臨機応変さも求められそうです。


今年は長野オリンピックから早いもので20年
確かに近年入社してくるスタッフに聞いても、見たことはないですけど・・・と当たり前に言われるようになりました。
今は昔。
2020年の東京オリンピックのエンブレムは最近よく目にするようになりましたが、改めて、長野オリンピックのエンブレムの形って覚えてらっしゃいますか??
見ると、あぁこれだ!という方もいらっしゃれば、こんなだったっけ??
そんな風に思われる方も多そう。

ちょうど彩盗爺さんがお昼に郷土料理のおひょっくりと、麦のジュースをいただきながら一緒に撮ってらっしゃいました。

八方尾根2

エンブレムに目が行きますか??
それともおひょっくりに?
えっ、やっぱりビール(笑)???

それはおいといて、八方尾根特有のワイドな景色
こればっかりは実際を見ていただきたい。

八方尾根スキー場

山がそれはそれは大きいこと。

一通り写真を見させてもらっていると、この日は日曜日だったようですが、人が多かったのは、うさぎ平からパノラマにかけてのあたりでしょうか??

八方尾根スキー場

うさぎ平です。
画像では見えにくいですが、写真中央のリフトに沿って、左側に名物のコブ斜面が広がります。ここを滑っていると、正面眼下に白馬ハイランドホテルが望めるわけですが、さすがにこのコブを攻略しながらホテルを見ている余裕はなさそうですね。


定番の一枚もいくつか撮ってくださって、ありがとうございます。

八方尾根2

この写真には白馬村の、とあるホテルがしっかりと写っているんですよw

上部はもちろんですが、山のすそにもそれなりに雪はありそうです。
こちらが咲花ゲレンデですね。

八方尾根2

ブッシュも土もまだまだ見えていません。

北尾根クワッドの下に広がるコブ斜面

八方尾根2

これから3月はコブが目立つようになります。
時々間違って初心者が入ってしまい、大変そうに降りているのを見かけることもしばしば

栂池スキー場も幅が広いですが、やっぱり八方尾根のコースの豊かさとともに、広大な場所もしっかりあるので、飽きないんでしょうね。私、このスカイライン第二から??の眺めが好きです。

八方尾根2


今まで五竜47でシーズン券を買っていたけれど、今年初めて八方尾根のシーズン券をスタッフ価格で購入してみたというスタッフもいまして、聞いてみると、やっぱり八方はでかい!
と話していました。


今年は山麓の雪は例年並みかもしれませんが、山の上では発表が黒菱で400cmをまだ上回っています。雨が降らなければ・・・・。
これからの天気が少し気になるところですが、動いていても凍りつくような寒さの日はこれからは心配ありません。
三寒四温、季節がゆっくり動いていきます。
白馬はまだまだ真っ白ですが、他では梅が咲いたり、伊豆では河津桜も見ごろなんですってね。
春に目が行きがちですが、白馬のことも見てくださいませー。


彩盗爺さんお疲れ様でした!!



写真 彩盗爺さん
文 とみしん

23:47 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]