ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年03月04日

たまちゃん白馬から日本海へ

反対側から白馬を眺めてみたい!
このアルプスがまだ白い季節。白馬からの景色もそれは素晴らしいですが、反対の日本海側から眺める景色を見てみたい!!

白馬に住んでいると、誰しもが?一度はそんな気持ちを抱くのではないでしょうか?

それを叶えるために、先日たまちゃんがぐるっとドライブしてきました。

白馬からまずは北へ、糸魚川から北陸道へと入り、富山県へ
道路を走っていると、見えてきた景色に思わずカメラを向けてパチリ!!

富山より

この日はたまたま??
彩盗爺さんが白い景色の中で八方尾根スキー場で滑っていた、まさに同じ日
白馬から白かった景色は、富山からも同じく白かったんですね。
写真の真ん中の三つの山が白馬三山です!!
とたまちゃん言ってたけど・・・・。私も反対側からの景色はくわしくありませんが、これ、毛勝じゃありません??

白馬岳って富山側から見ると大蓮華って言いますものね。
お詳しい方いらっしゃいましたら、ぜひ山の名前を教えてください。

富山より

もう一枚、これは剣岳、ですか??
それともこっちが毛勝?
あー、反対側になるとわかりづらい。
たまちゃんとは、これ剣だよねという話になってました。

私たちそんな程度です。すみません・・・・。

そして今回やってきたのは、この場所です。

富山より

白い大きな帆船と、立派な大きな橋のある景色。
北陸でこんな場所はここくらいしかありません??
新湊です。
しばらく行ってませんが、ここ、昼競りをやっていて、一般も見ることができるんですよね。私も一度だけお邪魔したことがあります。

富山より

青空が広がってきていて、奥には白い雪の山が素晴らしい。
ゼロメートルから3000mの標高差が見られる場所。富山です。

この大きな帆船は海王丸。
この場所は海王丸パークとして、だいぶ大きな公園になっています。
風はあまり吹いていなかったそうで、気持ちよく外を歩けたようです。

富山より

この船は昭和の初めに造船されたようです。
ただ、手入れはしっかりされているので、船は年齢を感じさせないくらいピカピカです

まだ現役?
そう思えるような堂々とした船体だったようです。


後方に見えている橋は、新湊大橋
有料道路のようにも見えますが、確か一般道だったはずです。

富山より

海王丸パークが橋よりも海側に設けられているので、橋の後ろ側にアルプスが来る構図になるんです。だから海と船と高い山と、これがコラボで見られるというポイント。

この近くには雨晴海岸もあり、ここにも天気がいい時に行きたいですよね。

富山より

新旧の灯台、赤いものは1937年にできたんだそう。
たまちゃん同級生?? (・・・うそです、ごめんなさい)

山に暮らしているせいもあって、ないものねだり
堤防あたりを海を見ながら歩くなんてことも、ちょっと贅沢な感じがします。

だから??
普段こんなことあんまりしないたまちゃんですが、今日は海を見てテンションも高くなって
あはは

富山より

実はこれ、こっち向いてかわいらしく笑っている一枚があったのですが、本人から公開禁止令がだされましてw
ということで、はしゃいでました。


海王丸の反対側には、もう一艇停まっていたそうです。

富山より

こちらは帆船ではありませんね。
後が長いのはヘリ用?
ブルーのラインの入った煙突が美しい。

近づいて船の前側へと回ってみました。

富山より

やひこ、と書かれています。
そして船体に書かれた Japan Coast Guard の文字
なるほど海保の巡視船ですか。


・・・いいですね、海
風をほのかに感じながら過ごせました。

たまちゃんの休日

新湊大橋、渡りたかった―
と、写真に収めて場所を移動


ちょいと遅めのお昼をいただきました。
たまちゃんのお昼

たまちゃんの休日

あらら、この日はハンドルキーパーもいましたので、たまの休みです。
お昼から少しだけいただきましたw


そして、ここから延々と走ったのが、山沿いの道路
国道41号
長い長い道のりでしたが、やってきたのは岐阜県の平湯です。
500円で入れる露天がたくさんある、ひらゆの森

たまちゃんの休日

暗くなってしまいましたが、最後に硫黄がほのかに香るお湯をいただいて、白馬への帰路へとつきました。。
白馬から新潟、富山、岐阜を周って、松本へと戻って来る、アルプス一周のルートです。ホテルで夕食を考えると、ちょっとコース全部を周るのは厳しいですが、白馬と日本海という組み合わせでまわる方も、これからのシーズンはいらっしゃいます。

山の幸、海の幸、おいしいものがたくさんありますので、計画を立てるだけでも楽しいんじゃないでしょうか。



たまちゃん
文 とみしん

23:37 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]