ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年03月28日

最近天気良好!たまちゃん目線のHakuba47

もう天気のことを言っても仕方がない
楽しまなきゃー。

実際にこの冬も何度スキー場へと足を伸ばしたことでしょう??
文武両道、仕事もプライベートも充実させながら頑張っているたまちゃんです。

普段のHOMEゲレンデは今シーズンは岩岳スキー場でしたが、ホテルにあるスタッフ用のリフト券でお出かけしてきたのは、普段とちょっと気分を変えてHakuba47スキー場です。

Hakuba47と五竜スキー場

ゴンドラの入口の階段が見えないくらいの雪が積もる毎年のシーズン
山麓ということもあって、少しずつ雪の量も減ってきているようですが、まだまだいけます。

まずは白馬のスキー場、どこのゲレンデもそうですが、ゴンドラに乗って上がりましょう

Hakuba47と五竜スキー場

春らしくほのかに霞を感じる陽気。
気が付くと山肌の雪が消えている斜面がありますね。
南向きの斜面は日当たりも良く、息が消えるのが早いようです。
写真の山が八方尾根です。この反対側がスキー場になっているんです。


今まで雪一色だったゴンドラからの景色も、今回乗って感じたのは

Hakuba47と五竜スキー場

少しずつ土面が見えてきたなー。
木々が動き出すにはまだ早いですが、ゴンドラ乗車中の景色も春を感じるものへと変わってきました。

とはいえ、ひとたびゴンドラを降りると

Hakuba47と五竜スキー場

まだまだ春なんて感じさせないこの景色です。
正面には頚城山塊に乙妻高妻が
手前には白馬村が広がっています。

平日とはいえ、のんびり滑れそうな様子ですね。
ここから少し下って、さらに上に登るリフトで五竜方面へと行くわけです。

Hakuba47と五竜スキー場

五竜との連絡リフト、Line-E
標高で言うと1500mくらいでしょうか。
正面奥に見えているピークのような部分は地蔵の頭、そう、五竜高山植物園の奥にある、あのケルンのある場所です。
ゆっくりリフトに揺られながら、そう寒くは感じなくなっていることを思っていたようです。

Hakuba47と五竜スキー場

五竜岳
武田菱が良く見える時期です。
雪形が出てくるのも今年は早いのでしょうか??
白馬を代表する?代掻き馬の雪形の見ごろがだいたい毎年GWの頃からです。
今も見えなくはありませんが、もっと春が進んでから。
桜が咲くころ??

春の話題も気になります。

あれは昨年の秋のことです。
八方の黒菱平から、この五竜の山頂まで、日帰りで歩いてきたたまちゃん。
よくあんな上まで行ったもんだ。
五竜を見るたびにそう感じるそうです。
帰ってきて八方池に15時には着いていたという御年**なんてことは微塵も感じませんし、まだまだ元気。お酒も相変わらず?好きそうですしね。

Hakuba47と五竜スキー場

最後はスキー場に戻って
五竜のアルプス平です。
写真中央左の建物がゴンドラの山頂駅です。
右上には地蔵ケルンが写っていますね。

これだけ暖かく晴れていると、気温としては今がゴールデンウイークのようにも感じたけれど、雪の質はまだ3月かなー?
やはり昼にかけて雪が多少緩むので、春スキーは早め早めがよさそうです。
早く滑って早めに切り上げて、温泉入って早めに寝て、翌朝も早めに・・・のサイクル。


ちなみに、Hakuba47は下まで滑ってくることができます。
ほぼ全面滑走可能!!

Hakuba47と五竜スキー場

こちら、山麓部分のゴンドラ乗り場横ですです。

まだまだ山は大丈夫よー
たまちゃんからのお誘いでした


写真 たまちゃん
文 とみしん

23:59 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]