ここに書かれた記事などはスタッフ個人の意見や主張を含む場合があります。白馬ハイランドホテルはその内容や真偽についての一切の責任を負わないこととします。

一部の写真はクリックで拡大します

2018年04月29日

たまちゃん木曽路・奈良井宿へ

木曽路は全て山の中。
小説の始まりにもそう書かれている旧中山道
白馬からだと多少の距離はありますが、同じ長野県内です。
自分の休みを利用して、日帰りプチ旅をしてきました。
今夜の旅人は、スタッフたまちゃんです。

天気がいいと、それだけで気持ちいいな。旅っていいな。
そんな風に思ってしまうことありませんか??
この日は穏やかに晴れ渡っていたようで、白馬を出てからまさにそれを感じていたというたまちゃんです。

一般道か、安曇野から高速道路を経由して塩尻を目指します。
そこからは国道19号を名古屋方面へと進むわけです。

奈良井宿

奈良井宿が近づくにつれ、旧街道の雰囲気を感じだしたたまちゃん
ふと車を停めると、近くに桜?がきれいに咲いているではありませんか。
新緑と桜
山の中にも。

奈良井宿

人の手によって作られたというよりは、きっと昔からあの場所で他の木々たちと共存してきたんだろうなぁ。
そんな風に思っていると、写真では伝えきれない、本物ならではの美しさ、といいますか、バランスを感じました。

山の桜。
白馬周辺では池田町の陸郷というあたりが山桜の名所です。西の吉野と東の陸郷?
今年は残念ながら桜は終わってしまいました。


白馬から奈良井宿までは2.5時間くらい

奈良井宿


駐車場が複数ありますが、宿場町の方へと旧道を入っていって車を停めました。
こちらの方が雰囲気があって好き。とたまちゃん
歩き出す前に、せっかくだし写真を撮ってもらおう。
近くの方にお願いして、宿場町の地図を持ちながら一枚

奈良井宿

寺社仏閣も好きですが、こんなふうな宿場町も好きです。
雰囲気が違って楽しい。
昔の方はどんな思いでこの道を歩いたんだろう。
想像でしかありませんが、いろんなことを考えられるのも好きです。
確か、江戸と京都の中間点が奈良井。
ここに来ることをやっとと思ったのか、もう半分と思ったのか・・・
考え始めると止まりません。

奈良井宿

看板を見ながらそんなことを考えていました。
もしかしたら昔の方も、看板を見ながら「昔の方はどんな思いで・・・」なんて思っていたのかもしれませんね。

奈良井宿

時計は10:30過ぎでしたが、ラッキーなことに奈良井宿に観光客の数は多くありませんでした。だからちょっと雰囲気のある感じで気持ちよく散策が楽しめました。

所々にある井戸が趣があります。

奈良井宿

古き良き。
まさにそんな言葉がうまくあてはまる奈良井宿です。

奈良井宿

二階が一階よりもせり出した、この宿場町独特の街の表情

sIMG_20180426_104206.jpg

この井戸は手前に一つ、写真ではわかりづらいかもしれませんが、この路地の奥にも井戸がありました。
水に恵まれていて、水の音が心地よかったです。

白馬でも今は一部でしか見ることが無くなりましたが、この奈良井宿では各家の入口をよく見てみると、どこも「屋号」が表札として出ています。

奈良井宿

白馬でも今なお、ご近所の家のことを屋号で呼んだりしていますよ。


木曽路は山の中

いくつかのお寺もありますが、参拝は志納が必要なので、今回は雰囲気を楽しみたかったので、こちらはパス

奥へと歩いていくと、こんな風な、いわゆる白馬で言うと、広報はくばのようなもの??
御触書というものでしょうか。ずらりと並べられていました。

木曽路は山の中

高札場です。
この辺りまで歩いて、来た道を戻ります。

奈良井宿は今回たまちゃんが車を停めた宿場の入口と、宿場の真ん中あたりに大きな駐車場があるのですが、端から端まで見るのであれば、入り口に停めて往復するのがいいと思いますよ。

木曽路は山の中

また、家と家の間には、この宿場町の特徴でもある、白い漆喰で作られたうだつがあります。うだつと言えば、海野宿が有名ですが、こちらの漆喰うだつもきれいになっていて、建築は詳しいほうではありませんが、見ていて白と木のこげ茶の調和が美しかったです。

木曽路は山の中

こちらが国道からも良く見える、木曽の大橋
ここを渡ったところにも駐車場があるんです。

桜?

木曽路は山の中

白くこぼれんばかりに咲く花に感謝。青空に感動

散策を楽しみました。



そのまま国道19号を塩尻に戻るのがなんだかもったいなく感じたたまちゃん
帰り道に野麦峠方面へと上がっていってみました。
実際には奈川という地区へと抜けたのですが、途中で道路端にあったのが


水芭蕉のちょっとした群生地を発見しました。


木曽路は山の中

また、多少なりとも標高が上がったこともあり、ここは多分奈川だと思うのですが、枝垂桜が周囲にたくさん咲いていて、こちらでも車を停めて写真を撮ってみました。

木曽路は山の中

初めて通ったルートでしたが、桜や春の花たちに、史跡に、青空に
リフレッシュすることができました。

もうすぐ白馬では滑り収め。
でもこんなドライブも好き。

たまちゃんの青空ドライブ
次回はどこへと行ってみようかしら??

あれこれ考えています。


写真 たまちゃん
文 とみしん

23:54 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
ニックネーム: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]